この記事にはプロモーションが含まれています

大阪城天守閣の歴史と見どころ徹底解説

「大阪城天守閣」は、日本を代表する名城です。
また大阪城天守閣は、日本の文化や歴史を象徴する存在として多くの人に愛されています。
1583年に豊臣秀吉が築いた大阪城を前身とする現在の天守閣は、武士の精神と情熱を体現し、大阪の不屈の精神を思い起こさせるものです。
大阪城天守閣は、日本の江戸時代の時代から何世紀にもわたって、美と壮大さの象徴として、世界中の観光客に愛され続けているのです。

大阪城天守閣の歴史

「大阪城」は、石山本願寺 (戦国時代の大坂) の前身となっています。
織田信長との石山合戦、豊臣秀吉による築城、大坂の陣による陥落、徳川幕府による再建、明治維新の混沌、そして公園整備に至るまで、日本の歴史と常に深い関わりを持っています。
城内に残る石垣、堀、大手門、多聞櫓、千貫櫓などの古い建物は、ほとんどが重要文化財に指定されており、すべて徳川時代以降のものです。

「大阪城天守閣」は、豊臣時代や徳川時代に続く3代目のもので、市民の寄付金により昭和6年 (1931) に復旧され、90年以上の歴史を持っています。
現在、国の重要文化財として、豊臣秀吉や戦国時代、そして大阪城の歴史に関連する文化財が豊富に展示されています。
また内部の展示室では常に入れ替えが行われており、リピーターが多いのも特徴です。
「大阪城天守閣」は、歴史博物館「大阪城天守閣」という名前で、数多くの観光客や歴史愛好家から愛されています。

大阪城天守閣みどころ5選

大阪城天守閣

「大阪城天守閣」は、豊臣秀吉の栄光を象徴する建物で、今では3代目となっています。
この「大阪城天守閣」はは、昭和6年に復元され、中には貴重な資料が数多く展示されている博物館もあります。
展示されているものは豊臣秀吉に関するものが多く、定期的な展示のほか、季節に合わせた特別展示も行われています。
そのため何度訪れても新しい発見があります。
また、最上階の8階には展望台があり、晴れた日には大阪市内を一望することができます。
この展望台からは、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げた場所を見渡すことができ、彼の偉業や歴史に思いを馳せることができます。

大阪城桜門

「大阪城」の本丸への正門である桜門は、天守閣の真南に位置しています。
この門の名前は、大阪城の建設当時、周辺に桜並木があったことに由来していると言われています。
明治維新の時、桜門は焼失してしまいましたが、明治20年に再建され、国の重要文化財に指定されるほど、多くの人が訪れます。
ちなみに、桜門の位置するお堀の側は昔から「空堀」と呼ばれ、水は張られていませんでした。
理由には様々な説がありますが、今でも大阪城にまつわる謎のひとつとして語り継がれています。

大阪城蛸石

「大阪城」築城では、圧倒されてしまうほどのサイズの、石で作られています。
特に桜門枡形には、石に名前がつけられた被写体となる巨石があふれています。
その中でも、大阪城内で最も巨大な「蛸石」は見逃せません。
重さ108トン、表面積は約36畳で、石だとは信じられないような外観をしています。
全体的にタコのような形をしているため、「蛸石」と名づけられました。
また「振袖石」と「碁盤石」というユニークな名前の石もあります。
これらの巨石は、すべて瀬戸内海の小豆島で産出されたものだそうです。
今度大阪城を訪れる際は、ぜひこちらの名所を訪れてみることをお勧めします!

大阪城千貫櫓

「大阪城」千貫櫓は、大阪城の建造物の中でも、最も古い歴史を持つものの一つです。
また「大阪城」千貫櫓は、国の重要文化財に指定されています。
この櫓は、大手門の北側に位置しており、織田信長が「あの櫓を落とした者には千貫文の銭を与えても惜しくない」と言ったことからその名がつけられました。
二重に重ねた構造で二階建てとなっており、難攻不落の砦として知られています。

通常は外部からの見学のみであるため、内部を見学するためには年に1〜2回の一般公開イベントに参加する必要があります。
気になる方は、公式サイトで事前にチェックしてみてくださいね。

大阪城極楽橋

「大阪城」において、最も目を引く場所の1つが山里丸から北へ渡る極楽橋です。
1965年に架けられた現代の橋なのですが、豊臣時代の絵画に描かれているように、かつては屋根付きの橋であったそうです。
ここは、極楽橋からは大阪城天守閣を一望でき、素晴らしい撮影スポットとなっています。
またこの近くにある大阪城で最も高い石垣も見応えがあります。
石垣の高さは水中の基礎部分よりも32メートルにも及んでいます。

大阪城天守閣へのアクセスと最寄り駅

「大阪城天守閣」へのアクセスは、JRや大阪メトロなどの電車、大阪シティバスや自家用車を利用することになります。

大阪城天守閣周辺は大阪城公園になっています。
というより大阪城公園の中にあるひとつのスポットが大阪城天守閣という方がよいでしょうね。
しかし、大阪城公園がまた広いです!!

さて、大阪城天守閣の最寄り駅についてです。
実は、「
大阪城公園駅」だけが、大阪城天守閣の最寄り駅ではありません。
「森ノ宮駅」「谷町4丁目駅」「天満橋駅」「大阪城北爪駅」「大阪ビジネスパーク駅」も大阪城天守閣への最寄り駅となります。

これは、大坂城の外堀や内堀があった場所が、大阪城公園となっていることが原因です。
なぜ、大阪城天守閣の近くに駅がないかというと、文化財保護のため、この広大な大阪城公園の外側にしか駅が作れないからなんです。
そのため、大阪城天守閣へは、どの駅からも遠くなっているんですね。
どの最寄り駅からも、大阪城天守閣まで、ほぼ徒歩で約20分となっています。

詳しくは、以下のページをご覧下さい。

大阪城天守閣へのアクセスと所要時間!最寄り駅からビジュアル表示
「大阪城天守閣」は、、日本が世界に誇る名城の一つです。 また、大阪城天守閣は、日本の文化と歴史を象徴する存在として、数多くの方々から深い愛情を寄せられています。 当時築かれた1583年の豊臣秀吉による大阪城を前身とする現在の天守閣は、武士の...

大阪城近くのレストラン・カフェ

「大阪城天守閣」の見学を終えたら、おなかも空きますよね。
なんてたって、最低でも徒歩20分の軽運動をこなしているわけですから!
すいません。よく考えたら、往復で徒歩40分でした。
訂正します。
それでは、大阪城公園近くのランチにオススメの3店舗をご紹介します。

ガラス張りの「Italian Dining NATURA」

Italian Dining NATURA大阪城公園駅すぐ近くにあるガラス張りのイタリアンレストランです。

大阪城公園駅前の『Italian Dining NATURA』は、アクセス性に優れたお店です。
大阪ビジネスパークからも簡単にアクセスできるため、地域の方々にも利用されています。
「大阪城天守閣」の見学後のランチタイムにはぜひ立ち寄っていただきたいです!

大阪城公園駅前の『Italian Dining NATURA』のおすすめは、パイ生地を使用した絶品ピザ「パイッツァ」です。
サクサクのパイ生地が特徴で、自信をもってお勧めできます。
旬の素材にこだわったイタリアンコースもあり、2,500円~とリーズナブルな価格で提供されています。
話が飛んでしまいますが、宴会や女子会、そして記念日にもぴったりです!

飲食店が選び放題「JO-TERRACE OSAKA」

JO-TERRACE OSAKA」には、様々なレストランやカフェがあり、緑豊かな環境で、リラックスした一日を過ごすのに最適なスポットです。
静かな夜を過ごしたい方にも、午後から散策したい方にも、JO-TERRACE OSAKAはおすすめです。

大阪城公園は、豊かな歴史と美しい自然で知られる、大阪を代表する観光スポットです。
この公園内にあるのが、さまざまな飲食店が集まる複合施設JO-TERRACE OSAKA」です。
多くのお店の中から、ランチのお店を決めるのは難しいかもしれません。
自分のお好み店を見つけて下さいね。

自家製粉本格手打ち蕎麦の店「和食 縁 蕎麦切り」

和食 縁 蕎麦切り」は、谷町4丁目駅周辺にあるお店です。

和食 縁 蕎麦切り」は、和食と蕎麦の融合が生み出す斬新な味わいを楽しむことができるお店です。
厳選した20種類以上のお蕎麦は、蕎麦屋での熟練の修業によって生まれた逸品ばかりです。
更に、季節の食材をふんだんに使った創作料理や看板料理の河内鴨のお造りと炭火焼き、蕎麦つゆで食べるバームクーヘン豚の焼き餃子、蕎麦粉のガレットが人気です。
絶品の近江牛を使用した様々なお料理も楽しむことができます。

大阪城名物「有名なお土産」

旅行にいったら、お土産もお忘れなく!
大阪城土産と言ったら、これでしょう。

大阪万博の時からの大阪土産の大定番「大阪城本丸 」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大阪城本丸 [8個入]2015年度モンドセレクション受賞【大阪 お土産 菓匠千壽…
価格:700円(税込、送料別) (2023/6/19時点)

楽天で購入

大阪城本丸 」は、太閤(豊臣秀吉)の桐のエンブレムをモチーフにした、洗練された現代風のおまんじゅうです。
豊かな味わいを楽しめるよう、白餡には新鮮な卵黄が入り、黄味餡にはフレッシュバターと卵黄を使用して包み焼き上げられています。
このおまんじゅうは、大阪万博の頃から親しまれている大阪のお土産の中でも、トップクラスの人気を誇ります。
モンドセレクションで金賞を受賞した水あめもたっぷり使用されています。

大阪城とミニオンの禁断のコラボ「日本たおる」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本たおる 大阪城とミニオンズ ミニオンズ てぬぐい ユニバーサル映画 丸眞 日…
価格:879円(税込、送料別) (2023/6/19時点)

楽天で購入

和の「大阪城」と洋の「ミニオン」が、禁断のコラボで、「日本たおる」になりました。
インテリアとして壁に掛けたり、ダイニングのテーブルセンターに、そしてプレゼントを包んで大切な方にと、使い方はいろいろです。

大阪を彷彿とさせるデザイン「大阪城主」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

〈あみだ池大黒〉大阪城主 _ 和菓子 おこし 板おこし 粒おこし 岩おこし 粟お…
価格:2,592円(税込、送料別) (2023/6/19時点)

楽天で購入

大阪城主」は、昔ながらの美味しさが詰まった「板おこし」と「粒おこし」の詰め合わせセットです。
大阪のグルメが集まる「天下の台所」と呼ばれた場所を思い出させるような、おしゃれなデザインも特徴の1つです。
板おこしには大判タイプの「岩おこし」と「粟おこし」、粒おこしには「炒りごま」「青のり」「ピーナッツ」といった3種類のフレーバーがを詰め込まれており、飽きさせない工夫も特徴です。

大阪城公園の近辺のホテル

大阪城天守閣の観光をするのも、大阪城公園の観光スポットを観光するにも、ちょうどよい立地で部便利なホテルを紹介しますね。

お子様連れさまにうれしい「ホテル阪急レスパイア大阪」

この「ホテル阪急レスパイア大阪」は、大阪・梅田の中心地にあるホテルです。
JR「大阪駅」より徒歩約3分という立地は旅行の拠点に最適です。
ホテル2階エントランスは大阪駅とデッキで繋がっており移動もスムーズです。
JR等の列車で大阪に来られるなら、そして列車やバスで観光地に移動をお考えなら、最適なホテルです。

この「ホテル阪急レスパイア大阪」では、旅行で多くなりがちな荷物を少しでも減らせるよう、レンタルアイテムが充実しています。
ベビーカーやベビーマットのレンタル、お子様用のパジャマやアメニティの用意まで、至れり尽くせりです。

和室や和洋室のある「大阪新阪急ホテル」

この「大阪新阪急ホテル」は、JR「大阪駅」からは徒歩約3分です。
また大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」と阪急電車「大阪梅田駅」からも大変近い位置にあります。
大阪の繁華街・梅田の中心に位置しており、関西国際空港や大阪国際(伊丹)空港行きのリムジンバスターミナルもすぐ隣接しています。
飛行機で大阪入りされるなら、このこの「大阪新阪急ホテル」は、第1候補になります。

この「大阪新阪急ホテル」には、バラエティに富んだ客室が用意されています。
和室や和洋室もあり、ご家族で同じ部屋で過ごすことも可能なホテルです。

豪華な朝食「ホテルグランヴィア大阪」

この「ホテルグランヴィア大阪」は、JR大阪駅内に完全に統合された、まさに都市の中心に位置するホテルです。
ショッピング、ビジネスそして観光に最適の立地条件を誇っています。
この「ホテルグランヴィア大阪」は、大阪市内の地下鉄や私鉄の駅も徒歩圏内にあり、また、JRを使用して京都、神戸、奈良などの歴史的名所へのアクセスも極めて便利です。
■ JR大阪駅直結 地下鉄各線からも徒歩10分以内
■ JR新大阪駅からJR大阪駅まで、電車で4分で到着
■ 空港バスの降車場からは、徒歩わずか5分
この「ホテルグランヴィア大阪」では、素泊まりもできますし、豪華な朝食ブッフェを堪能することができます。
朝食は大変豪華ですが、そこはご旅行の予算と相談されるのがよいかと思います。

大阪城天守閣の歴史と見どころまとめ

大阪城天守閣の正門(中央)にある大手門多聞櫓などを見るには、「谷町4丁目駅」からアクセスするのがおすすめです。
せっかく大阪城へ来られるのなら、正門から入りたいですよね。
正門から入るには、「谷町4丁目駅」か「大阪城大手前(バス)を経由するのがよいかと思います。正門から入場すれば、主な見どころを全て見ることができます。

「大阪城天守閣」は、何世紀にもわたって守られてきた歴史と文化を思い起こさせる存在です。
「大阪城天守閣」の美しさと壮大さは畏敬の念を抱かせるものであり、複雑なディテールや丁寧に作られた構造物は、威厳ある雰囲気を醸し出しています
歴史、建築、芸術に興味のある方にとって、大阪城天守閣は必見です。
豊富な知識と歴史を持つ大阪城天守閣が、何世紀にもわたって人気のある観光地であることがきっとあなたに伝わることと思います。

また大阪城公園は、大阪の桜の名所として知られています。


大阪城の屋根が鮮やかなエメラルドグリーンのような色をしているため、淡いピンク色の桜とのコントラストがとても美しいです。
春には、お花見をしながら公園を散策するのがおすすめです。
公園内には、梅林や桃園など、四季折々の花々が楽しめる場所もあります。
また、大阪城では、日本の歴史に触れられるさまざまな施設やイベントが開催されています。
大阪城天守閣では、大阪湾や生駒山を一望できる展望台があり博物館では江戸時代からの歴史資料などが展示されています。
さらに、公園内には野外音楽堂やスポーツ施設などもあり、様々な楽しみ方ができます。
大阪城の魅力は、歴史と自然が融合した美しい景色と多彩な施設・イベントがあることです。
ぜひ、「大阪城天守閣」を訪れて、その魅力を堪能してみてください。

「日本全国を巡る「日本100名城」の旅」関連リンク

001.根室半島チャシ跡群(北海道)、002.五稜郭(北海道)、003.松前城(北海道)、004.弘前城(青森県)、005.根城(青森県)、006.盛岡城(岩手県)、007.多賀城(宮城県)、008.仙台城(宮城県)、009.久保田城(秋田県)、010.山形城(山形県)、011.二本松城(福島県)、012.会津若松城(福島県)、013.白河小峰城(福島県)、014..水戸城(茨城県)、015.足利氏館(栃木県)、016.箕輪城(群馬県)、017.金山城(群馬県)、018.鉢形城(埼玉県)、019.川越城(埼玉県)、020.佐倉城(千葉県)、021.江戸城(東京都)、022.八王子城(東京都)、023.小田原城(神奈川県)、024.武田氏館(山梨県)、025.甲府城(山梨県)、026.松代城(長野県)、027.上田城(長野県)、028.小諸城(長野県)、029.松本城(長野県)、030.高遠城(長野県)、031.新発田城(新潟県)、032.春日山城(新潟県)、033.高岡城(富山県)、034.七尾城(石川県)、035.金沢城(石川県)、036.丸岡城(福井県)、037.一乗谷城(福井県)、038.岩村城(岐阜県)、039.岐阜城(岐阜県)、040.山中城(静岡県)、041.駿府城(静岡県)、042.掛川城(静岡県)、043.犬山城(愛知県)、044.名古屋城(愛知県)、045.岡崎城(愛知県)、046.長篠城(愛知県)、047.伊賀上野城(三重県)、048.松阪城(三重県)、049.小谷城(滋賀県)、050.彦根城(滋賀県)、051.安土城(滋賀県)、052.観音寺城(滋賀県)、053.二条城(京都府)、054.大阪城①(大阪府)054.大阪城②(大阪府)、055.千早城(大阪府)、056.竹田城(兵庫県)、057.篠山城(兵庫県)、058.明石城(兵庫県)、059.姫路城(兵庫県)、060.赤穂城(兵庫県)、061.高取城(奈良県)、062.和歌山城(和歌山県)、063.鳥取城(鳥取県)、064.松江城(島根県)、065.月山富田城(島根県)、066.津和野城(島根県)、067.津山城(岡山県)、068.備中松山城(岡山県)、069.鬼ノ城(岡山県)、070.岡山城(岡山県)、071.福山城(広島県)、072.郡山城(広島県)、073.広島城(広島県)、074.岩国城(山口県)、075.萩城(山口県)、076.徳島城(徳島県)、077.高松城(香川県)、078.丸亀城(香川県)、079.今治城(愛媛県)、080.湯築城(愛媛県)、081.松山城(愛媛県)、082.大洲城(愛媛県)、083.宇和島城(愛媛県)、084.高知城(高知県)、085.福岡城(福岡県)
、086.大野城(福岡県)、087.名護屋城(佐賀県)、088.吉野ヶ里遺跡(佐賀県)、089.佐賀城(佐賀県)、090.平戸城(長崎県)、091.島原城(長崎県)、092.熊本城(熊本県)、093.人吉城(熊本県)、094.大分府内城(大分県)、095.岡城(大分県)、096.飫肥城(宮崎県)、097.鹿児島城(鹿児島県)、098.今帰仁城(沖縄県)、099.中城城(沖縄県)、100.首里城(沖縄県)

 

日本全国を巡る「日本100名城」の旅
日本には数多くの美しいお城が存在しています。その中でも「日本100名城」と呼ばれるお城があります。この記事では、日本全国に広がる100の名城を巡る旅についてご紹介します。北海道から沖縄まで、各地に残る歴史的な建造物や壮大な景観を堪能しながら、日本の魅力と豊かな文化に触れることができるでしょう。

 

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
大阪府
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました