この記事にはプロモーションが含まれています

東京ドイツ村のやばいイルミネーションは車でまわれるよ

「東京ドイツ村」は、千葉県袖ヶ浦市にあるテーマパークです。

「東京ドイツ村」は、広大な芝生広場を中心に、アトラクションや動物園、収穫体験などさまざまな遊びが楽しめる自然に溢れた場所になっています。

この「東京ドイツ村」で、圧倒的に人気があるイベントは、そのイルミネーションイベントです。
このイルミネーション企画を実施することで、「東京ドイツ村」は、黒字経営に転換しました。
それだけ力を入れている注目のイベントであることがわかると思います。

また「東京ドイツ村」内は、車で巡ることができるので、お好きなアトラクションに近い駐車場に停めることもできます。
ハンモックや長いブランコなど、自然の中で昔の子どもの遊びを体験できる「ジージの森」や、自分でエサを与えたり触れ合ったりできる「こども動物園」などが大人気です。
また、「バッサースライダー」では、服を着たまま滑ることができます。

お腹が空いたら、園内のカフェへ行ってみてください。
お子様カレーやキッズプレートなど、お子様向けの定番メニューや、自分で焼いて楽しめるソーセージやジャーマンポテトなど、家族みんなが大好きなメニューが揃っています。
食で、ドイツを感じることもできますよ!

上の地図からもわかるように、「東京ドイツ村」の敷地は広大です。

東京ドイツ村のアクセスと料金と駐車場紹介【詳細情報】

住所 千葉県袖ヶ浦市永吉419
営業時間 9:30〜20:00(最終入園19:30
定休日 年中無休
料金 一般大人 800円
一般小人(4歳〜小学生)400円
障がい者大人400円
障がい者小人(4歳〜小学生)200円
アクセス JR内房線姉ヶ崎駅または袖ヶ浦駅よりタクシーで約20分
JR総武線千葉駅より安房鴨川駅行き高速バス「カピーナ号」で約40分館山自動車道姉崎袖ヶ浦ICより県道24号を鴨川方面へ約3km
圏央道木更津東ICより国道410号・県道24号を姉崎方面へ約6km
駐車場 あり
駐車料金 1,000円/1台
電話番号 0438-60-5511
サイトURL https://t-doitsumura.co.jp/

東京ドイツ村はやばい

「東京ドイツ村」は、やばいというのが、ネットでも話題になっています。
そのため、何がやばいのか、どうやばいのか、いろいろ調べてみました。
詳しくは、別記事にまとめています。

東京ドイツ村のやばいに迫る!近くのホテルも紹介
「東京ドイツ村」は、広大な芝生広場を中心に、アトラクションや動物園、収穫体験などさまざまな遊びが楽しめる自然に溢れた場所になっています。 しかし、「東京ドイツ村」という観光スポットは、その特異な雰囲気から、「やばい」という言葉で形容されるこ...

いろいろ調べました。
確かにやばいという見方もできますが、そもそも自然溢れるテーマパークに何を求めるのかという話になります。
自然が多ければ、それだけ不便なはずです。
テーマパークの食事なら、こだわりぬいた逸品を出すというのも無理なはなしです。

ここでは、「東京ドイツ村」のいい意味でのやばいところを紹介したいと思います。

東京ドイツ村やばいよイルミネーションと料金

「東京ドイツ村」で開催されるイルミネーションは、光と音のショーで人々を魅了しています
イルミネーションの輝きと音楽が一体となり、圧倒的な美しさを演出します。
また、ゾウの鼻からしゃぼん玉が舞い上がったり、見晴台から見える光の地上絵が幻想的な雰囲気を醸し出します。
光と音の共演とともに、しゃぼん玉が舞い踊る様子はまるで夢の世界のようです。

また見晴台から見える光の地上絵も見逃せません。
光の線や模様が地上に描かれ、幻想的な景色が広がります
まるで異次元の世界に迷い込んだかのような感覚を味わえるでしょう。
SNS映え、必死です。

東京ドイツ村のイルミネーションの入場料が気になるかもしれませんね。

 

実は、イルミネーション期間は入園料はなく、車1台につき3,000円という料金設定になります。
普通乗用車1台に何人乗っていても車1台につき3000円なので、家族で行ったり、おじいちゃんおばあちゃんも連れて行ったりするとお得感は、やばいですね

東京ドイツ村やばいよ車でまわれる

「東京ドイツ村」は、日本で人気のあるテーマパークの一つです。
その魅力の一つは、車のまま入場できることと、村内を車で回ることができることです。
村内にはアトラクションや遊具ごとに広い駐車スペースがあり、移動がしやすく、駐車場に困ることもありません。
実際に、園内には3000台もの車が停められるスペースがあるそうです。
これは本当にすごいことですね!
園内が広いため、車以外で行くのは大変だと思います

東京ドイツ村やばいよ犬と楽しめる

「東京ドイツ村」「わんちゃんランド」は、犬連れの方々が楽しむための特別なエリアです。
ペットのワンちゃんも楽しむことができるというは、やばいですよ。

ここでは、犬を車から降ろすことができる場所が用意されており、広大な敷地をワンちゃんと一緒に散策することができます。
また、ドッグランや一時お預かりサービスも充実しており、利用者の安心と便利さを追求しています。
さらに、ドイツ村で飼育されているわんちゃんとのふれあい体験も可能ですので、思い出に残る時間を過ごすことができます。

「東京ドイツ村」への訪れを考えている方は、ワンちゃんと一緒に楽しい時間を過ごすことができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

東京ドイツ村やばいよアトラクション

「東京ドイツ村」のアミューズメントエリアでは、さまざまな魅力的なアトラクションが楽しめます。
お子さんの学年におよりますが、まずはパターゴルフから始めましょう。
パターゴルフは、ミニチュアゴルフの一種であり、ドイツ村ならではのアクティビティです。
美しい芝生の上でクラブを振り、ボールをカップに入れる楽しさを味わいましょう。
家族や友人と競い合いながら遊ぶことができ、思い出に残る体験となるでしょう。

その他にも、わんぱく広場では遊具が満載です。
広大な芝生の上にはブランコや滑り台、砂場などがあり、子どもたちは存分に遊ぶことができます。思い切り体を動かしたり、友達と一緒に冒険したりすることで、楽しいひとときを過ごすことができます。

さらに、アミューズメントエリアには40mの高さにそびえ立つ観覧車もあります。
観覧車からは園内の一望や美しい景色を楽しむことができます。
家族や友人と一緒に乗って、心地よい風を感じながらドイツ村の風景を眺めてみてはいかがでしょうか。

「東京ドイツ村」には、様々なアトラクションがあるのですが、敷地が広いが故に、その移動も体力が求められます
その点は、体力作りと考えるか、やばいと考えるか、わかれるところかと思います。

東京ドイツ村のお土産物

光るアメ 7色に光る飴 10本セット

東京ドイツ村の超人気商品が、ネットでも購入できるようになりました。
おみやげにいかがですか!

東京ドイツ村のイルミネーションの風景のはがき

とてもきれいな絵はがきです。
現地のホテルから、知り合いにおたよりを投函できるとよいですね。
あらかじめ、自宅で記入しておき、現地から投函するという荒技もありますよ。

近隣のレストラン

「東京ドイツ村」で、話題になっている食材は、やはりソーセージです。
ソーセージを食べることができるお店を紹介します。

ブルスト

「ソーセージセット」は太めのソーセージが2本、細身が1本、ハムのようなものが1枚とポテトのセットになっています。ソーセージがどれも皮がしっかりしていて、ナイフで切るときプリップリとして、切り口から美味しい肉汁が出てきます。
特に太めのソーセージはめちゃくちゃジューシーで激ウマだそうです。

ここのソーセージは食べる価値あり、やばいかもしれませんよ。

東京ドイツ村近くのホテル

「東京ドイツ村」から近くのホテルへは、公共交通機関を利用すると1時間強かかります。
お車ですと、「東京ドイツ村」から近くのホテルへは、30分弱の時間となります。
このことを考えると、「東京ドイツ村」を利用する際は、お車での来村がよかろうかと思います

この記事では、「東京ドイツ村」から近いホテルを近い順に紹介します。

ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)

この「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」は、小学校をリノベーションした新感覚グランピングを体験できるホテルです。

この「東京ドイツ村」から、「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」へは、バスと電車を利用して約1時間の位置にあります。

  1. 「東京ドイツ村」からバス停「東京ドイツ村」へ、徒歩約1分(19m)
  2. 鴨川線バス停「東京ドイツ村」から「馬来田駅前」へ、バスで約10分(3駅)
  3. バス停「馬来田駅前」からJR「馬来田駅」へ徒歩で約1
  4. 久留里線JR「馬来田駅」からJR「下郡駅」へ、電車で約3分(1駅)
  5. JR「下郡駅」から「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」へ、徒歩約24分(1.9km)

公共交通機関を利用すると、最後の徒歩の時間が長くなるので、小さいお子さんがおられる場合は、大変かもしれません。
車の場合は、当然もっとはやくホテルに入ることができます。

「東京ドイツ村」から、「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」へは、車を利用して約15の位置にあります。
駐車場には、15台のスペースがあり、無料です。

この「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」には、2つの種類のお部屋があります。
  • 1つのお部屋に、2つのベッドがあり大人2名、子供1名まで、計3名が宿泊できるお部屋
  • 1つのお部屋に、4つのベッドがあり大人4名、子供2名まで、計6名が宿泊できるお部屋

夕食はBBQサイトの中央に位置する高さ約3メートルのセンターピットにて大迫力の火力で、シェフが1キロ以上の塊のお肉をローストしてくれます。

贅沢なバーベキューを体験したいなら、「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」を検討されたらよいと思います。
動画で、「ETOWA KISARAZU(エトワ木更津)」のことが紹介されているので、是非以下のリンクからご覧下さい。

ゆたか旅館駅前館

この「ゆたか旅館駅前館」は、ボリューム満点の料理が自慢のビジネスホテルです。

この「東京ドイツ村」から、「ゆたか旅館駅前館」へは、バスと電車を利用して約1時間の位置にあります。

  1. 「東京ドイツ村」からバス停「東京ドイツ村」へ、徒歩約1分(19m)
  2. のぞみ野・平岡線バス停「東京ドイツ村」から「のぞみ野ターミナル」へ、バスで約12分(9駅)
  3. バス停「のぞみ野ターミナル」からバス停「長浦駅」へバスで約12(9駅)
  4. バス停「長浦駅」から「ゆたか旅館駅前館」へ、徒歩約9分(800m)

車の場合は、当然もっとはやくホテルに入ることができます。

「東京ドイツ村」から、「ゆたか旅館駅前館」へは、車を利用して約20の位置にあります。
駐車場には、40台のスペースがあり、無料です。

この「ゆたか旅館駅前館」には、夏限定のプランがあります。
素泊まりですが、1室3名が宿泊できるお部屋がありまあす。
なんと宿泊代は、1人3300円なので、3様まで9900円で済むことに!
なお4名様については、直接お問い合わせ下さい。
相談に乗ってくれるようです。
なお朝食はバイキングになっており、夕食もお願いすることもできます。
お部屋には、サウナ付き男性風呂とジェットマッサージ付き女性風呂が備えられており、無料で利用できます♪

ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店

この「ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店」は、自由な旅に最適な、話題のロードサイドホテルです。

この「東京ドイツ村」から、「ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店」へは、バスと電車を利用して約1時間10分の位置にあります。

  1. 「東京ドイツ村」からバス停「東京ドイツ村」へ、徒歩約1分(19m)
  2. のぞみ野・平岡線バス停「東京ドイツ村」から「福王台」へ、バスで約33分(29駅)
  3. バス停「福王台」からバス停「袖ヶ浦駅前」へ徒歩約1(9駅)
  4. 長05(小湊線)バス停「袖ヶ浦駅前」からバス停「今井」へバスで約5(5駅)
  5. バス停「今井」から「ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店」へ、徒歩約3分(280m)

車の場合は、当然もっとはやくホテルに入ることができます。

「東京ドイツ村」から、「ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店」へは、車を利用して約20の位置にあります。
駐車場には、14台のスペースがあり、無料です。

この「ファミリーロッジ旅籠屋・袖ヶ浦店」の宿泊プランには、「ファミリーユースプラン」があります。
約25㎡の広いお部屋ににクイーンサイズベッド(幅が154cmあり、ダブルベッドより一回り大きい)が2台、それに加えてエキストラベッドを利用することで、ご家族5名まで宿泊可能です
ただし、ベッドは2台ですので、3名様以上でご宿泊の場合は1台のベッドに添い寝するか、エキストラベッド(1,000円税別/日、1台のみ)を利用するようになります。
なお、幼児は無料(枕とタオルは無し)です。
大変リーズナブルに宿泊できるプランになります。

「東京ドイツ村のやばいイルミネーションは車でまわれるよ」まとめ

この記事では、「東京ドイツ村」のやばい理由について、次の事柄を紹介しました。

  • 東京ドイツ村やばいよ!イルミネーションと料金
  • 東京ドイツ村やばいよ!車でまわれる
  • 東京ドイツ村やばいよ!犬と楽しめる
  • 東京ドイツ村やばいよ!アトラクション

「東京ドイツ村」は、その独特な雰囲気と魅力的なイベントで多くの人々を魅了しています。
まず、ドイツ文化を体験できることが魅力の一つです。
「東京ドイツ村」には本格的なドイツ料理やビールを楽しめるレストランや、ドイツの伝統的なお菓子やグッズを販売しているショップがあります。

また、「東京ドイツ村」では様々なイベントが開催されています。
例えば、クリスマスマーケットやオクトーバーフェストなど、ドイツの伝統的なお祭りを楽しむことができます
これらのイベントでは、ドイツの文化や食べ物、音楽などが一堂に集まり、本場さながらの雰囲気を味わうことができます。

ぜひ、家族や友人と一緒に訪れて、東京ドイツ村のやばい魅力を存分に楽しんでくださいね。

参考になる記事もありますので、時間があれば以下をご覧下さい。

東京ドイツ村のやばいに迫る!近くのホテルも紹介
「東京ドイツ村」は、広大な芝生広場を中心に、アトラクションや動物園、収穫体験などさまざまな遊びが楽しめる自然に溢れた場所になっています。 しかし、「東京ドイツ村」という観光スポットは、その特異な雰囲気から、「やばい」という言葉で形容されるこ...

 

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
千葉県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました