この記事にはプロモーションが含まれています

鴨川シーワールドへの車、バス、電車でのアクセス!レストランや周辺ホテル紹介

Exif_JPEG_PICTURE

「鴨川シーワールド」は 、千葉県鴨川市に位置する水族館で、その圧倒的なスケールと魅力で多くの人々を魅了しています。

「鴨川シーワールド」へ行きたいけど、どうやってアクセスしたらいいの?
そんな悩みを抱えている方のために、アクセス方法をまとめました。

この記事では、「鴨川シーワールド」へのアクセス方法を分かりやすくご紹介します。

車や電車、バスなど、さまざまな手段でのアクセス方法や「鴨川シーワールド」の基本情報を紹介していきますので、お好きな方法を選んで楽しい鴨川シーワールドへの旅を計画してみてくださいね。

鴨川シーワールドへのアクセスが簡単になれば、より多くの方が思い出に残る体験をすることができますと思います!

鴨川シーワールドの基本情報

住所 〒296-0041
千葉県鴨川市東町1464-18
営業時間 9:00〜16:00頃
※営業時間は日にちにより異なりますので、公式サイトより確認してください。
定休日 休館することがありますので、公式サイトより確認してください。
※固定の休館日は、ありません。
料金 【 大人(高校生以上) 】
3,000円【 小人(小学生・中学生) 】
1,800円【 幼児(4歳以上) 】
1,200円【 60歳以上 】
2,400円
※上記は1日楽しめる1DAYチケット料金です。
※他に、2DAYSチケット、障がいをお持ちの方、団体でご利用の方向けの料金設定があります。
アクセス 【 電車 】
JR「安房鴨川駅」より無料送迎バスで約10分
※JR「東京駅」からJR「安房鴨川駅」までは、特急わかしおで約2時間【 バス 】
「東京駅」からアクアライン高速バスで約2時間
「千葉駅」から高速バスで約2時間
【 車 】
「海ほたるPA」から約1時間10分
駐車場 1,200台を収容できる有料駐車場あり
駐車料金 普通車1,200円/日
大型車1,600円/日
二輪車300円/日
電話番号 04-7093-4803
サイトURL https://www.kamogawa-seaworld.jp/

鴨川シーワールドへのアクセス手段

「鴨川シーワールド」へアクセスするには、以下の4つの方法があります。

  • 車でアクセス
  • 電車でアクセス
  • 高速バスでアクセス
  • 無料送迎バスでアクセス

それぞれのアクセス方法について、紹介します。

鴨川シーワールドへ車でアクセス

「海ほたるPA」から「鴨川シーワールド」へ

「海ほたるPA」から「鴨川シーワールド」へは、お車で1時間強になります。

「千葉市内」から「鴨川シーワールド」へ

「千葉市内」から「鴨川シーワールド」へは、お車で約1時間20分になります。

「東京湾フェリー金谷」から「鴨川シーワールド」へ

「東京湾フェリー金谷」から「鴨川シーワールド」へは、お車で約45分になります。

鴨川シーワールドへ電車で東京駅からのアクセス

この「鴨川シーワールド」は、「東京駅」から約2時間です。

「東京駅」から「鴨川シーワールド」へ行くには、特急「わかしお」を利用します。

  1. JR「東京駅」から特急を利用し、JR「安房鴨川駅」へ、特急で1時間53分(10駅)
  2. JR「安房鴨川駅」から「鴨川シーワールド」へ、無料送迎バスで約10分

鴨川シーワールドへ高速バスで東京からアクセス

東京駅から高速バス「アクシー号」に乗車します。
上の地図では、乗車時間が2時間強になっていますが、在来線の停留所には停車しませんので、約2時間の行程になります。

この高速バスには、お得な「アクシーチケット」というチケットがあります。
「アクシーチケット」は、東京・鴨川線高速バス「アクシー号」の往復乗車券と鴨川シーワールドの入館券のセットプラン専用券です。
時期によって、割引率が変わるようですが、お得なのは変わりません。
随時公式HPにてチェックして下さいね。

鴨川シーワールドへ高速バスで千葉からアクセス

JR千葉駅東口から高速バス「カピーナ号」に乗車します。

この高速バスには、お得な「アクシーチケット」というチケットがあります。
「カピーナチケット」は、房総半島縦断高速バス「カピーナ号」の往復乗車券と鴨川シーワールドの入館券のセットプラン専用券です
このチケットも、時期によって、割引率が変わるようですが、お得なのは変わりません。
随時公式HPにてチェックして下さいね。

鴨川シーワールドへ無料送迎バスでアクセス

JR「安房鴨川駅」から無料送迎バスが運行されています。
途中「鴨川シーワールドホテル」にも寄りますので、所要時間は多めにいって、約10分となります。
電車を利用される方は、JR「安房鴨川駅」から、この無料送迎バスを利用されるとよいと思います。

無料送迎バス運行ダイヤは、ご利用の日程により異なります。
詳しくは、公式HPを参考にされて下さい。

鴨川シーワールドのお土産

「鴨川シーワールド」のお土産は、やはり「シャチ」に関するものが多いです。
別ページで紹介しているまくらにもなる「シャチのぬいぐるみ」が大人気です。
詳しくは、以下のページからご覧下さい。

鴨川シーワールドのシャチショーで濡れる!レストランでもシャチを見よう
「鴨川シーワールド」は 、千葉県鴨川市に位置する水族館で、その圧倒的なスケールと魅力で多くの人々を魅了しています。 鴨川シーワールドには、「シャチ」をはじめとする多様な海洋生物の展示や、触れ合い体験プログラム、水族館内に広がる美しい景観など...

もうひとつ、ぬいぐるみと同様に人気のあるお土産は、千葉限定のワンピース根付です。

「シャチ」に乗っているところがかわいいですね。
いろいろな種類の根付がありますので、興味のある方は、この記事の一番後ろをご覧下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千葉限定ONE PIECE ワンピース根付 ハンコック【クロネコDM便対応10サイズ】
価格:495円(税込、送料別) (2023/7/25時点)

楽天で購入

鴨川シーワールドのレストラン

「鴨川シーワールド」には、次の3つのランチスポットがあります。

  • 日本で唯一、シャチの姿を見ながらお食事ができるレストラン「オーシャン」
  • 南の国、キリバス共和国をイメージしたレストラン「マウリ」
  • ゆったりお過ごしいただけるバイキングスタイルのレストラン「サンクルーズ」

日本で唯一、シャチの姿を見ながらお食事ができるレストラン「オーシャン」については、以下の記事で紹介しています。

鴨川シーワールドのシャチショーで濡れる!レストランでもシャチを見よう
「鴨川シーワールド」は 、千葉県鴨川市に位置する水族館で、その圧倒的なスケールと魅力で多くの人々を魅了しています。 鴨川シーワールドには、「シャチ」をはじめとする多様な海洋生物の展示や、触れ合い体験プログラム、水族館内に広がる美しい景観など...

ここでは、「マウリ」「サンクルーズ」について紹介します。

南の国、キリバス共和国をイメージしたレストラン「マウリ」

「鴨川シーワールド」内のフードコート「マウリ」は、南の国、キリバス共和国をイメージしたレストランです。

このフードコート「マウリ」は、カレーメニューが中心です
実際、カレーの種類は7〜8種類もあります。
カレーは紙の容器に盛り付けられ、プラスチックのスプーンでいただくスタイルなので、キャンプや夜店の料理かなと思いました。
しかし、大人向けのカレーはスパイスが効いていてちょっぴり辛く、意外にも本格的な味わいでした。
特に牛すじカレーは、ゴロゴロとお肉が入っていて、しっかりと食べ応えもあります。

バイキングスタイルのレストラン「サンクルーズ」

「サンクルーズ」は、「鴨川シーワールド」に直結している鴨川シーワルドホテル1Fに入っている、
バイキングレストランです。

洋食を中心に約40種類のメニューの中からお好きなものを好きなだけ食べることができます。
各種デザートやソフトドリンクもありますよ。
またレストランは広めだし、時間制限も無いので、ゆったり食事ができます。

鴨川シーワールド近隣のホテル

この記事では、家族旅行向きのホテルを「鴨川シーワールド」から近い順に紹介します。

鴨川シーワールドホテル

「鴨川シーワールドホテル」は、その名前からわかるように、「鴨川シーワールド」のオフィシャルホテルです。

この「鴨川シーワールドホテル」は、「鴨川シーワールド」から徒歩5分(450m)の位置にあります。
「鴨川シーワールドホテル」は、「鴨川シーワールド」のお隣なんですが、「鴨川シーワールド」は海岸に沿っているため、細長い敷地になっており、また入場ゲートもホテルから遠い位置にあるためお隣と言っても、徒歩で5分の距離になってしまいます。
ただし、無料のシャトルバスがありますので、移動は苦にならないと思います。

この「鴨川シーワールドホテル」のお部屋のほとんどが、和室になっています。
この「鴨川シーワールドホテル」の1室の最大宿泊人数は、なんと最大7名になっています。
この最大7名が宿泊できるお部屋は、和室の2間続きのお部屋となっています。

また、「鴨川シーワールドホテル」は、「鴨川シーワールド」のオフィシャルホテルなので、他のホテルにはないプランがあります。例えば次のようなプランです

  • 鴨川シーワールド何度でも入館無料
  • イルカと一緒に写真撮影体験
  • シャチの抱き枕付きプラン 等々

各プランの詳細については、以下のリンクからご覧下さい。

鴨川シーワールドホテルの子連れセット夜の水族館プラン!部屋やアメニティも子連れ対応です♪
鴨川シーワールドホテル 「鴨川シーワールド」を訪れるなら、「鴨川シーワールドホテル」がおすすめです。 「鴨川シーワールドホテル」は、「鴨川シーワールド」の公式ホテルです。 「鴨川シーワールド」周辺には、たくさんのホテルがありますが、鴨川シー...

Rakuten STAY VILLA 鴨川

「Rakuten STAY VILLA 鴨川」は、波の音と鴨川の自然に調和した、海辺リゾートホテルです。

この「Rakuten STAY VILLA 鴨川」は、「鴨川シーワールド」から徒歩7分(550m)の位置にあります。
「Rakuten STAY VILLA 鴨川」には、敷地内に18台の駐車場があります。
特筆すべき点は、6台のEV充電可能だということです。
ただし、先着順だそうです。

この「Rakuten STAY VILLA 鴨川」には、最大1室5名まで宿泊できるお部屋があるので、お子様連れにもありがたいですね。
また宿泊プランも様々なものがあります。
サウナやプールが完備したお部屋があったり、ペットが泊まれるお部屋があるのもおどろきです。
お部屋の様子は、是非下のリンクからご覧下さい。

レジーナリゾート鴨川 – Dog Wellness Beach –

「レジーナリゾート鴨川 – Dog Welness Beach –は、「愛犬ともっと仲良くなる旅」をコンセプトにしているホテルです。

この「レジーナリゾート鴨川 – Dog Welness Beach –は、「鴨川シーワールド」から徒歩9分(750m)の位置にあります。
「レジーナリゾート鴨川 – Dog Welness Beach -」では、無料駐車場が25台分用意されています。

この「レジーナリゾート鴨川 – Dog Welness Beach –には、最大1室4名までが宿泊できるお部屋があるので、ご家族連れにもありがたいですね。

そしてこのホテルの最大の特徴は、ワンちゃんへのおもてなしが、多数あることです。

  • お部屋のテラスは、海への飛び出し防止でガラス張り
  • お部屋内に、食器、おやつ、エチケット袋、足拭きフォームなどワンちゃんグッズの常備
  • ワンちゃんの食器を洗うこともできるミニキッチン
  • ワンちゃんと一緒に肩を並べて食事
  • なんとワンちゃん用の食事
  • ワンちゃん用のフィットネス
  • ワンチャン用の流水プール
  • バーラウンジでは、ワンちゃん専用カクテル
  • 愛犬のお誕生日用手作りケーキ&お写真のプレゼント
  • ドッグランあり
  • 犬用足洗い場あり
  • ワンちゃん用のシャンプー台とドライ台を備えたグルーミングルームあり

ワンちゃんは、単なるペットじゃないですね、ワンちゃんは、まさに家族の一員であることを感じさせるホテルです。
詳しくは、以下の画像でご覧下さい。

「鴨川シーワールドへの車、バス、電車でのアクセス!レストランや周辺ホテル紹介」まとめ

この記事では、「鴨川シーワールド」へのアクセス方法や周辺情報を紹介しました。
「鴨川シーワールド」へは、車、バス、電車など様々な交通手段で行くことができます。
車で訪れる場合は、駐車場情報や近隣の高速道路の利用方法をチェックしてくださいね。
また、バスや電車を利用する際は、東京駅や横浜からの所要時間を確認して計画を立ててください。

鴨川シーワールドでは、シャチのショーをはじめ、さまざまなイベントやアトラクションを楽しむことができます。
特に「オーシャン」などのレストランでは、美味しい食事を楽しみながらリラックスできます。
周辺には公式ホテルや宿泊施設もありますので、長い時間をかけて楽しむことも可能ですよ。

「鴨川シーワールド」へのアクセス方法やレストラン、周辺ホテルについて紹介しましたが、最も重要なのは楽しむことです。
家族や友人と一緒に、鴨川シーワールドで思い出に残る時間を過ごしてくださいね。
シャチのショーやイルカのパフォーマンスなど、素晴らしい体験が待っています。

是非、次の休日には「鴨川シーワールド」へ足を運んでみてください!

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
千葉県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました