この記事にはプロモーションが含まれています

大阪ダックツアーの口コミと割引クーポン解説!乗り場やコースや料金詳細

「大阪ダックツアー」は、水陸両用バスを利用して、大阪の街や水路をクルーズする新しいタイプの水陸探検ツアーです。
1台のバスで、陸上と水上を味わえるといった普通の観光ツアーではできない魅力的な体験になります。
上の画像を見てもらうとわかりますが、周囲の車と比べて、大変車高が高いので、窓から見える景色もまた格別です。

まずは陸上で大阪の街並みを見物しながら、ガイドさんの解説を聞きながら観光を楽しみます。
そして、沿岸部に到着すると、バスは一気に水上に入り、川や海をクルーズします。
「大阪ダックツアー」では、大阪城や通天閣などの人気観光地を訪れるだけでなく、大阪の美しい自然環境も堪能できます

バスには、窓がなく開放的な空間を味わい、風を受け、道行く人の熱い視線を集めながら走行します。
またガイドさんよるウンチクたっぷり、そしてユニークなトークで楽しみながら現地の魅力を体感することができます。

大阪ダックツアーの乗り場

上の画像は、川の駅はちけんやです。
「大阪ダックツアー」の出発地点になります。

「大阪ダックツアー」は、大阪の魅力を最大限に引き出すくれる素晴らしい体験を与えてくれます。
この記事では、「大阪ダックツアー」を利用するにあたり、押さえておきたいポイントを紹介したいと思います。

基本情報

住所 大阪ダックツアー
大阪市中央区天満橋京町3-5 福助ビル502号
営業時間 第1便発 9:10
最終便発 16:20
定休日 定休日はありませんが、運休日が随時入ります
料金
料金 大人 小人 幼児※
 12月1日~ 3月19日迄 3,000円 1,800円 500円
 3月20日~11月30日迄 3,700円 2,200円 600円

2歳以下のお子様がご参加の場合は座席がございませんので、大人の方の膝上となります。

アクセス 集合場所は、「川の駅はちけんや地下1階」です。

  1. 京阪電車・OsakaMetro「天満橋」駅17・18番出口
  2. 川に向かって左向きに緑道を直進!
  3. 三角屋根の建物が「川の駅はちけんや」です!
駐車場 天満八軒家駐車場あり
駐車料金 15分毎100円
24時間最大料金:2,400円
昼間最大料金(8:00~20:00):1,800円
夜間最大料金 (20:00~8:00):600円
※身体障がい者・精神障がい者・知的障がい者減免制度: 1時間の料金を免除あり
電話番号 06-6941-0008
サイトURL 大阪ダックツアー
https://japan-ducktour.com/osaka/
川の駅はちけんや
ふらっと立ち寄る水辺時間『川の駅はちけんや』|天満橋、もう一つの駅
大阪・天満橋にあるもうひとつの駅、「川の駅はちけんや」の公式サイトです。電車の駅でも、バスの停留所でもない、水辺に面した「川の駅」です。「ふらっと立ち寄る」「ちょっとひと息」。川の駅はちけんやは水辺で過ごすそんな時間を提案します。

大阪ダックツアーへのアクセス!動画で紹介

集合場所は、「川の駅はちけんや地下1階」です。

  1. 京阪電車・OsakaMetro「天満橋」駅17・18番出口
  2. 川に向かって左向きに緑道を直進!
  3. 三角屋根の建物が「川の駅はちけんや」です!

大阪ダックツアーの口コミ

「大阪ダックツアー」は、日本で初めて水陸両用バスを導入したツアーになります。
この記事を書くにあたり、いろいろな口コミをチェックしてみました。

どの口コミをみても、大阪ダックツアーの魅力は、次の3つにまとめられました。

  • バスを利用して大阪市内を観光できる
  • バスが船に変身し、大川(旧淀川)をクルージングできる
  • おもしろいガイドさんが案内してくれる

「大阪ダックツアー」のバスは、水陸両用バスなので、大阪市内を2度楽しむことができるのがポイントです。
かつて大阪は「水の都」と呼ばれ、市内にはたくさんの橋が架かっています。
クルージング中には、特に橋に注目ですね。
下から見上げる橋はとても興味深いものです。

そして、大阪らしいといえば、おもしろいガイドさんが魅力の一つですね。
まるでディズニーランドの『ジャングルクルーズ』のキャストのような楽しさがあります。
飽きることなく、楽しく大阪観光を楽しむことができるのは間違いありません。
ガイドさんの話術は、まさに芸術ですね。

さらに、大阪城も見ることができるため、大阪観光にぴったりです。
観光客だけでなく、大阪に住んでいる方も楽しむことができるので、ぜひおすすめです。

大阪ダックツアーのクーポン予約!割引券で節約

少しでも安く「大阪ダックツアー」を利用できないかといろいろなサイトを見て回りました。
割引クーポンを入手する方法があるにはあったのですが、特定の団体の会員にならないとその恩恵をいただくことができないようです。

つまり、通常の購入では、割引クーポンを購入することはむずかしいかと思います。
普通に予約券を購入し、その際、クレジットカードで支払うことでポイントを得るのがベターな選択かもしれません。

予約サイトは、こちら 旅プラスワン をごらんください。

大阪ダックツアーのコース概要

「大阪ダックツアー」コースの見どころポイントを4点紹介します。

  • 桜の宮に到着した瞬間、運転手は船長の役割に変身します!
    船の変身は、スロープを駆け下りて「スプラッシュイン!」と叫び、スクリューを回転させて橋の下をくぐるようになります!
  • 運が良ければ、中之島公園の美しい噴水を水上から見上げることもできますよ!
  • さらに、なにわ三大橋を一度に見渡せる絶好のポイントもあります!
  • 全て車窓観光となります

3月中旬から11月30日までの間は、往復約75分(陸上45分+水上30分)のコースです。
12月1日から3月中旬までは、往復約60分(陸上30分+水上30分)となります。

大阪ダックツアーのお土産

「大阪ダックツアー」のマスコット、「ダッパくん」をご存じですか?!
幸せを呼ぶ黄色いカッパとして、ゆるキャラ として活躍しています。

所属は、ダックツアー/一般社団法人ふるさ都・夢づくり協議会だそうです。

生まれは、大阪淀川で産湯を使う。
お父さんはカッパ・お母さんはアヒル。頭のお皿が乾くと、お父さんゆずりのたくましい肉体になりました。
乾きすぎると、うっかりそのままミイラになることも…!
これからもよろしくダッパ!
実は、ダッパくんのマスコットを購入できるそうです。

残念ですが、通販では手に入れることはができません。
購入するには、ダックツアーの営業所にいかなければならないそうです。

大阪ダックツアーでランチ

ダックツアーQ&Aのページに、次のようなことが書かれています。
船内に飲食物を持って行ってもいいですか?
申し訳ございません。車内への飲食物のお持込はご遠慮いただいております。
なお安全確保のため、泥酔状態でのご乗車はお断りいたします。
また、車内は禁煙です。
さらに、もうひとつ
車内にトイレはありますか?

ございません。ツアー中、お手洗い休憩はございません。
出発前に必ずお済ませください。

Q&Aからすると、船内では飲食ができず、乗船前後に食事をしておくことになります。
しかし、出発前のランチをとると、トイレが心配になるでしょうし、食べ過ぎると船酔いしてしまうかもしれません。

理想は、午前中に乗船して、その後ゆっくりランチにすることをおすすめします。

「レストラン・グリーンカフェ」

実は、乗車した「川の駅はちけんや」内に「レストラン・グリーンカフェ」があるんです。
「レストラン・グリーンカフェ」は、リバーサイドの隠れ家的レストランでオーガニック
新鮮野菜を使ったイタリアンのお店です。

「大阪ダックツアー」で、割引クーポンをゲットすることはできなくても、「大阪ダックツアー」のチケットがあれば、この「レストラン・グリーンカフェ」では、食事が割引になります。

大阪ダックツアーが発着する「川の駅はちけんや」内「レストラン・グリーンカフェ」のお得なプランを紹介します。

事前に申し込めば特別メニューのランチをどうぞ

  • 大阪ダックツアーの予約と同時に2日前までにご予約をお願いします
  • ご予約は 06-6941-0008(9:30~18:00)まで
  • ご利用人数は4~25名様まで
  • ご利用時間は11:00~15:00の間の60分間
  • メニューはサラダ、スープ、本日のメイン(お肉またはお魚料理)、小鉢、ライスまたはパン、ドリンク(コーヒー、紅茶、ソフトドリンク各種からお選び下さい)
  • お食事代@1,000円税込みはダックツアーの受付でお支払い下さい

当日申し込みの方は、通常メニューのランチをどうぞ

大阪ダックツアーの当日印のある乗船券提示することで、お食事料金をが10%OFFになります。

「レストラン・グリーンカフェ」のメニュー

ランチメニューの一部を紹介します。
「レストラン・グリーンカフェ」のランチメニューは、コスパがよいと思いますよ。

  • 食(ランチ)1,000円
  • パスタランチ1,000円
  • ピッツァランチ1,000円
  • サラダ丼880円
  • キーマカレー1,000円

大阪ダックツアー出発駅周辺のホテル

「大阪ダックツアー」の出発地点は、「川の駅はちけんや」です。
「川の駅はちけんや」周辺にはホテルはなく、周辺のホテルといっても、その大半がJR大阪駅周辺となります。
この記事では、1室4人以上で宿泊できるお部屋のあるホテルを紹介します。

大阪新阪急ホテル

この「大阪新阪急ホテル」は、空港リムジンバスターミナル隣接のホテルです。
空路を利用される方に、最適なホテルと思います。

「大阪ダックツアー」の出発地点「川の駅はちけんや」から「大阪新阪急ホテル」へ行くには、電車を利用します。
所要時間は、約17です

  1. 「川の駅はちけんや」から谷町線「天満橋駅」へ、徒歩約5分(350m)
  2. 谷町線「天満橋駅」から「東梅田駅」へ、電車で約5分(2駅)
  3. 谷町線「東梅田駅」から「大阪新阪急ホテル」へ、徒歩約7分(600m)

この「大阪新阪急ホテル」には、最大1室6名まで宿泊できるお部屋があります。
2つのお部屋がつながっているコネクティングルームになります。

またこのホテルには、和室や和洋室があるのも特徴的なところです。
やはり靴を脱いで、足を伸ばしたい方には、和室や和洋室があるのはうれしいですね。
ただし、最大宿泊人数は、4人です。

新阪急ホテルアネックス

この「新阪急ホテルアネックス」は、上で紹介した「大阪新阪急ホテル」の分館になります。

「大阪ダックツアー」の出発地点「川の駅はちけんや」から「新阪急ホテルアネックス」へ行くには、電車を利用します。
所要時間は、約19です

  1. 「川の駅はちけんや」から京阪本線「天満橋駅」へ、徒歩約3分(140m)
  2. 京阪本線「天満橋駅」から「淀屋橋駅」へ、電車で約3分(2駅)
  3. 京阪本線「淀屋橋駅」から御堂筋線「淀屋橋駅」へ、徒歩約3分
  4. 御堂筋線「淀屋橋駅」から「梅田駅」へ電車で約2分(1駅)
  5. 御堂筋線「梅田駅」から「新阪急ホテルアネックス」へ、徒歩約7分(500m)

この「新阪急ホテルアネックス」には、4人部屋である「フォース(禁煙)<30平米>」という宿泊プランがあります。
4人部屋である「フォース(禁煙)<30平米>」には、5人まで宿泊可能です。
このプランの正規料金は、朝食付きで1人13,650円ですが、宿泊代金が半額近くになる特別なプランもあります。
こちらのホテルを検討される場合は、宿泊プランをしっかりご覧になることをおすすめします。
タイムリーな特別プランに出会えるかもしれませんよ。

ホテル阪急レスパイア大阪

この「ホテル阪急レスパイア大阪」は、お子様連れのことを考えてくれているホテルです。

「大阪ダックツアー」の出発地点「川の駅はちけんや」から「ホテル阪急レスパイア大阪」へ行くには、電車を利用します。
所要時間は、約20です

  1. 「川の駅はちけんや」から谷町線「天満橋駅」へ、徒歩約5分(350m)
  2. 谷町線「天満橋駅」から「東梅田駅」へ、電車で約5分(2駅)
  3. 谷町線「東梅田駅」から「ホテル阪急レスパイア大阪」へ、徒歩約10分(750m)

この「ホテル阪急レスパイア大阪」の最大の特徴は、お子様連れのご家族のことを考えた環境を用意してくれているところです。
その特徴のひとつが、レンタルアイテムの用意があることです。
おねしょシーツや、パジャマ、なんとベビーカーやハンディキッズスクーターなどが用意されています。
このホテルなら、お子さん用の持参アイテムを少し減らせるのではないかと思います。

お部屋もコネクティングルームを利用すれば、最大5名まで宿泊できます。
もちろん1室4人で宿泊できるお部屋もありますよ。
詳しくは、以下のリンクから概要をごらんください。

「大阪ダックツアーの口コミと割引クーポン解説!乗り場やコースや料金詳細」まとめ

「大阪ダックツアー」は、水陸両用バスを利用して、大阪の街や水路をクルーズする新しいタイプの水陸探検ツアーです。
1台のバスで、陸上と水上を味わえるといった普通の観光ツアーではできない魅力的な体験になります。
大阪ダックツアーの口コミから次のことが伝わってきました。

  • バスを利用して大阪市内を観光できる
  • バスが船に変身し、大川(旧淀川)をクルージングできる
  • おもしろいガイドさんが案内してくれる

バスには、窓がなく開放的な空間を味わい、風を受け、道行く人の熱い視線を集めながら走行します。
またガイドさんよるウンチクたっぷり、そしてユニークなトークで楽しみながら現地の魅力を体感することができます。

陸と水の両方から大阪の美しさを堪能できる大阪ダックツアーは、きっと忘れられない思い出になることでしょう。

今すぐツアーを予約して、まったく新しい視点から大阪の街を探検してみませんか!
是非、この新しいタイプの水陸両用観光ツアーで、大阪の魅力に触れてみてください。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
大阪府
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました