この記事にはプロモーションが含まれています

海遊館周辺のホテル!安い宿&和室のある宿3選

海遊館 は、日本全国から多くの観光客が訪れる大阪にある水族館です。
3万点以上の海の生き物が展示されている世界最大級の水族館として、国内外から大きな注目を集めています。
巨大な水槽で泳ぐさまざまな生き物の姿や、自然環境を再現した水槽で暮らす生態系など、多彩な展示を楽しむことができます。

海遊館は、複合型アミューズメント施設である天保山ハーバービレッジ内にあります。
天保山ハーバービレッジ内には、大型商業施設「天保山マーケットプレース」、カップルに大人気の大観覧車なにわ食いしんぼ横丁などあり、一日中楽しめる施設です。
またこの地区には、ご存じの通り、USJも控えています。
一泊では、海遊館周辺の有名な観光地を回るのは難しいぐらいです。

この記事では、子連れ様向きの海遊館周辺の安いホテルを紹介します。

海遊館周辺ホテル1:宿泊代が最も安い「Tabist グローレ大阪」

海遊館周辺の安いホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「Tabist グローレ大阪」です。

ホテル「Tabist グローレ大阪」 から、海遊館まで所要時間は、お車で15分程度です。
海遊館へは、海を横に見ながら海遊館に向かう道と高速道路を利用し海遊館へ向かう方法があります。
距離は変わりますが、どちらも所要時間は、お車で16分程度です。
どちらの道も海を見ながらドライブできるので、潮風が心地よいです。

ホテル「Tabist グローレ大阪」 の特徴は、宿泊代が大変リーズナブルなところです。
素泊まりがなんと2,018円です。
宿泊代が安い、安すぎます。
ホテル「Tabist グローレ大阪」 の宿泊代が、旅行会社のページを見ても、格安であること保障します。
しかも、連泊するとさらに、宿泊代が安くなります。
このホテル「Tabist グローレ大阪」 を上手に使うと、コスパのよい旅行ができますよ。

ホテル「Tabist グローレ大阪」には、食事の用意がありません。
しかし、コンビニが徒歩1分のところにありますので、食べることには困ることはないと思います。
すべてのお部屋に流し台、IHコンロ、冷蔵庫、電子レンジ、トースターがあり、お部屋でお食事を済ませることも可能です。
夕食は観光地ですませ、ホテルでは明日に向けてのつかれをとることに重点を置くなら、ホテル「Tabist グローレ大阪」おすすめです。

ホテル名 Tabist グローレ大阪
(読み) たびすと ぐろーれおおさか
特 色 桜島駅から徒歩3分、ユニバーサルスタジオジャパンから徒歩15分の好立地!無料Wi-Fiも利用できます
料 金 2018円~
住 所 〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島3-3-2
電 話 06-7173-8585
FAX 06-4708-3032
最寄駅 桜島
アクセス JR 桜島駅より徒歩にて約5分
駐車場 近隣の駐車場をご利用ください。
投稿件数 64件
★の数 (総合): 3.17
楽天ウェブサービスセンター

海遊館周辺の自分の部屋にいるような安いホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「Tabist グローレ大阪」です。

海遊館周辺ホテル2:格安で近い「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」

海遊館周辺のホテルで、おしゃれなホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」です。

ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」 から海遊館までの所要時間は、お車で3分です。
ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」の駐車場は、14台分が確保されています。
駐車料金は、1,100円で、予約が必要になります。
ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」のオーナー様によると、現在はキャンペーン中につき駐車料金が無料だそうです。
ちなみにホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」から海遊館までは、歩けば、1分程度です。この立地なら、歩いて海遊館へ行くのもありかと思います。

ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」のお部屋は、大変シンプルで、1種類だけという、潔いホテルです。
ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」の広い室内にクイーンサイズのベッド2台あります。さらに、有料になりますが、お子様用にエキストラベッドの追加も可能になっています。
ご家族4名まで宿泊可で、バストイレ(洗浄機付き)、冷暖房、冷蔵庫完備です。
バス、トイレが別になっているところは、この価格帯では、うれしいところです。

ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」のプランには、すべて軽朝食がついています。
軽朝食では、パン、ジュース、コーヒー、紅茶が食べ飲み放題となっています。
パンもオーブンで温められるので焼き立ての美味しいパンを食べることができます!
サラダなどそれ以外のものは、ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」近くのコンビニで用意することもできます。
正直、ホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」でバイキングのような豪華な食事をすることはできませんが、日頃と同様な食事ができ、変に興奮することなく、朝の時間を有効に活用できるかと思います。

ホテル名 ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店
(読み) ふぁみりーろっじはたごや おおさかこうてん
特 色 自由な旅に最適な話題のアメリカンスタイルのホテル。軽朝食無料、全室ネット無料接続!ビジネス旅行に便利
料 金 2888円~
住 所 〒552-0021 大阪府大阪市港区築港2-5-16
電 話 06-6572-3858
FAX
最寄駅 大阪港
アクセス 地下鉄 大阪港駅
駐車場 有り 14台 1,100円(/泊 ※但し、当分の間は無料) 要予約
投稿件数 11件
★の数 (総合): 4.56
楽天ウェブサービスセンター

海遊館周辺のホテルで、駐車場代や朝食代も不要なおしゃれなホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「ファミリーロッジ旅籠屋・大阪港店」です。

海遊館周辺ホテル3:和室のある「TOMARO」

海遊館周辺のホテルで、和室のあるホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「TOMARO」です。

ホテル「TOMARO」 から海遊館までの所要時間は、お車で4分です。
ホテル「TOMARO」周辺には、駐車場がないので、近隣の有料駐車場を利用することになります。
ホテル「TOMARO」の口コミによると、ホテル「TOMARO」の駐車料金も安いので、ホテルに「TOMARO」連泊される方も多いようです。
連泊される方が多いということは、コスパ重視の方には、ホテル「TOMARO」は、うってつけということがわかりますね。

ホテル「TOMARO」のお部屋は、全3種類です。
和洋室キッチン・バスルーム付き、和室キッチン・シャワー付き、洋室 キッチン・シャワー付き2段ベッド付きの3つです。
ホテル「TOMARO」のお部屋は、どれも手頃な価格で利用できます。
ホテル「TOMARO」のお部屋の選択のポイントは、バスルームや2段ベッドのあるなしの選択になります。
2段ベッドについては、安全面は考慮する必要がありますが、お子様には人気でしょうね。
お子様の様子を見られて、ホテル「TOMARO」のお部屋を選択して下さいね。

ホテル「TOMARO」は、家庭的でこじんまりしたホテルです。
口コミの評価数は少ないのですが、ホテル「TOMARO」の評価は、なんと「オール5」です。
『安かろう、悪かろう』ではない、スタッフの心遣いがあたたかいところが、このホテルの最大の売りかもしれません。
正直、画像で見ても、お部屋は決して新しくはありません。
しかし、お部屋の古さを上回るホテル「TOMARO」スタッフの好感度の高さに注目です。

ホテル名 TOMARO
(読み) とまろ
特 色 2018年8月天保山に新規オープンしたアパートホテルです。海遊館へ徒歩7分。USJへ無料渡船で1駅!
料 金 4100円~
住 所 〒552-0021 大阪府大阪市港区築港1-6-33
電 話 06-7509-2126
FAX
最寄駅 大阪港
アクセス 大阪港駅 6番出口より徒歩にて約2分
駐車場 周辺に有料駐車場多数有り(600〜1400円中心)
投稿件数 4件
★の数 (総合):
楽天ウェブサービスセンター

スタッフの心遣いがあたたかい、和室のあるホテルをお探しなら、おすすめのホテルは「TOMARO」です。

海遊館に近いおすすめホテルのまとめ

海遊館周辺には、多くのホテルが存在しています。
その中で、リーズナブルなホテルを紹介しました。
また今回ご紹介したホテルは、海遊館まで、お車で15分圏内にありますので、距離的には申し分ないかと思います。

大阪には、「USJ」や「レゴランドディスカバリーセンター大阪」など、お子様が興味を持つ観光施設があります。
せっかくこの地区に来られたのなら、もう一歩足を伸ばすのもりかと思います。

もし大阪に2泊以上され、USJに行かれる場合は、子どもたちがあっと驚くようなお部屋のあるホテルもありますので、1泊目はリーズナブル、2泊目はちょっと贅沢というように、ホテルのメリハリをつけるのもありかと思います。

せっかく大阪に来られたのなら、時間の許す限り、いろいろな観光スポットを楽しんで下さいね。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
大阪府
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました