この記事にはプロモーションが含まれています

あべのハルカス展望台!イベントも食事もホテルもココで完結

「あべのハルカス」は、近鉄グループの主要事業である百貨店、ホテル、オフィスなどが集積された立体都市であり、延床面積はおよそ31万㎡に及びます。
また、「あべのハルカス」は、鉄道のターミナルと直結しており、物理的なアクセシビリティにも優れています。

「あべのハルカス」内にある「近鉄百貨店 あべのハルカス近鉄本店」は、国内の百貨店最大の営業面積である約10万㎡を誇り、物販だけでなく、コミュニティや生活文化の創出にも貢献しています。

同じく「あべのハルカス」内の「あべのハルカス美術館」は、国宝・重要文化財の展示が可能であり、本格的な施設設備が整備されています。

「あべのハルカス美術館」の詳細については、以下の記事も参考にされて下さい。

あべのハルカス美術館へのアクセスガイド!最寄り駅や展覧会紹介
「あべのハルカス」の中には、展望台やレストラン、そしてオフィスやホテルまで、多様な施設があります。 その中のひとつが、「あべのハルカス美術館」です。 「あべのハルカス美術館」は、アートに興味を持つ人々が多く訪れ、気軽に楽しめるだけでなく、深...

中層部にはオフィスが配置され、高層部には「大阪マリオット都ホテル」が建っており、最上部には展望台「ハルカス300」が設置されています。

「あべのハルカス」には、いろいろな施設があり、お子様連れの方にも楽しめるスポットが満載です。
この記事では、「あべのハルカス」内のお子様と楽しめる観光スポットについて紹介したいと思います。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」からの高さと夜景

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」は、大阪のシンボルとして外せない存在です。
地上300mの高さに位置し、世界でも有数の高さを誇っています。
展望台「ハルカス300」では、展望台の床から天井までの窓から壮大な景色を見ることができます
足下からの光景を見ると、鳥肌が立つほどです。

展望台「ハルカス300」から眺める大阪の街並みのパノラマビューは、一見の価値ありです。
空気が澄んでいて静かで、魅惑的かつ広大な景色が広がります。
気候条件が良ければ、京都から六甲山系、明石海峡大橋から淡路島、生駒山系、そして関西国際空港なども一望することができます。
また、展望台には高倍率の双眼鏡が用意されており、遠くのものをより詳細に観察することができます。

展望台からの夜景も、まさに絶景です

あべのハルカス展望台「ハルカス300」の営業時間と料金

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」への入場料金は、つぎのようになっています。

区分 大人 (18歳以上) 幼児 (4歳以上)
個人料金 1,500円 500円
障がい者料金 750円 250円
一般団体料金(15人以上) 1,350円 450円
学校団体料金(15人以上) 1,200円 400円

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」の営業時間は通常は10:00~22:00です。
ただし、イベントや特別のサービスによって変更になることがあります。
当日の最終入場時間については、営業時間30分前が締め切りとなっています。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」の無料エリア

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」では、無料で入場できる16階の庭園があります

展望台エリアに入るのにお金がかかってしまうのは残念ですが、「あべのハルカス」16階に設けられた屋外庭園には無料で入場できます。
ビル全体がガラス張りで、突然現れる緑豊かな庭園は、まさに都会のオアシスと言っても過言ではありません。

16階から見る景色はすばらしく、展望台よりも低い位置からなので、街の風景がくっきりと見えます
特に、22時まで営業しているので、夜景を楽しみたいカップルでにぎわっています。
あべのハルカスに時間をかけることができない場合や高所が苦手な方は、16階からの眺望を味わうのもよいかと思います。
また高さ10メートルに及ぶ巨大なイルミネーションや学生による演奏会なども随時開催されているので、是非足を運んでみてくださいね!

あべのハルカス展望台「ハルカス300」へのアクセスと行き方

「あべのハルカス」は、全国レベルの観光地ですので、新幹線や飛行機で来られる方もあるかもしれません。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」へのアクセス

関西空港からでしたら、空港バスを利用して約55分で天王寺駅へ着きます。
あるいは、JR阪和線の特急を利用すれば、関西空港駅から天王寺駅まで約30分です。

大阪空港からでしたら、空港バスを利用して、約30分で天王寺駅に着きます。

JR新大阪駅からでしたら、地下鉄御堂筋線を利用し、天王寺駅に向かいます。
所要時間は、約20分です。

天王寺駅からは、徒歩で「あべのハルカス」に向かいます。
駅の案内板に従えば大丈夫です。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」への行き方

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」に行くには、二つの方法があります。

ひとつは、12階~14階にある「あべのハルカスダイニング」からエスカレーターで16階チケットカウンターに行く方法です。

そしてもうひとつは、近鉄百貨店の6台あるシャトルエレベーターで16階チケットカウンターまで一気に行く方法です。
近鉄百貨店は、大変大きなお店のなので、シャトルエレベーターの乗り場を見つけるのがむずかしいかもしれません。
そんなときは、迷わず、店員さん聞きましょう。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」のイベント

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」では、多くのイベントが行われています。
すべて有料のイベントですが、時間が許す限り参加するとよいと思います。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」 ヘリポートツアー

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」からも迫力の景色が楽しめますが、なんと、さらに上の屋上に行くことができるんです。

それが、ヘリポートツアーです。
ただし、ヘリポートは緊急時に使われる施設のため、常に開放されているわけではありません。

しかし、ツアー形式で日に数回、ヘリポートに立つことができます
入場料に加えて500円が必要ですが、地上300mで吹く風と太陽に照らされた絶景360度は、展望台とはまた一味違った体験ができます。
高所と絶景好きなら、きっとこのヘリポートツアーで満たされることでしょう♪

あべのハルカス展望台「ハルカス300」で写真撮影

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」では、来場者の方に思い出の一枚を残すために、フォトスポットでの記念撮影ができます。

撮影は有料ですが、オリジナル写真台紙が付いておりますので、すぐに持ち帰ることができます。
また、自分のもっているカメラ(スマホ)でも撮影してもらえますので、是非このスポットに行ってみてください。

展望台の景色を楽しみながら、素敵な思い出を作りたいご家族におすすめのサービスですね。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」のレストラン

「あべのハルカス」内には、たくさんのレストランがあります。
ここでは、「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」内のレストランを紹介します。

あべのハルカス展望台「ハルカス300」SKY GARDEN 300でお食事を

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」「SKY GARDEN 300」では、4月21日(金)から「ハルカスでソラメシ 食べるで↑BBQ 」の営業が始まっています。

もともと、300mからの絶景を眺めながら楽しく食べられるバーベキューイベントとして人気を博していた「ハルカスでソラメシ 食べるで↑BBQ 」。
今年は2つのプランから選べます!

「カジュアルプラン」には、グルメな韓国で大人気のサムギョプサルをイメージした焼き立てのお肉と薬味を野菜で包んで食べることができます。
それだけでなく、食べ放題プランもご用意しているので、満腹になること間違いなしです!

「プレミアムプラン」には、おしゃれなオードブルやアヒージョ、厚切り肉などグランピングをイメージしたラグジュアリー感のあるメニューも揃っています。
おしゃれな空間で、贅沢な食事を楽しむことができます。

また、お子様連れの方には「KID’S BBQセット」も用意されています

「カジュアルプラン」の代金は、5,480円(展望台の料金を含んでいるので、実質3,980円)
「プレミアムプラン」の代金は、7,480円(展望台の料金を含んでいるので、実質5,980円)
「KID’S BBQセット」の代金は、1,100円(展望台の料金を含んでいません。)
お値段も、高層階の展望レストランであることを考えると、リーズナブルに思えてくるから不思議です。
お子様も楽しめる「ハルカスでソラメシ 食べるで↑BBQ 」をぜひご家族で楽しんでくださいね!

そんなに食べられないという方には、カレーライスやスパゲッティなどの軽食サービスもあります。
ここでしか食べることのできない「パインアメソフトクリーム」や「あべのプリン」があります。
この二つのデザートは、お土産話に最適かも・・・です。

あべのハルカスのお土産!ゴーフルはいかが

あべのハルカスのお土産にぴったりのお菓子があります。
ケースがかわいい「ゴーフル」と名称とからめた「あべのハルカステラ」があります。
「ゴーフル」は、ケースが3種類あります。
「あべのハルカス」ビルを描いたもの、そして「あべのハルカス」のマスコット「あべのべあ」を描いたもの2つ、計3つです。

この記事の一番下に、よく売れている「あべのハルカス」のお土産も掲載しておきますので、参考にしてください。

あべのハルカステラ(個包装)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6/22〜お買い物マラソン★5倍】〈銀装〉あべのハルカステラ(個包装)-ハルカ…
価格:1,404円(税込、送料別) (2023/6/21時点)

楽天で購入

 

〈神戸風月堂〉あべのハルカスミニゴーフル(ブルー)ハルカスゴーフル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6/22〜お買い物マラソン★5倍】〈神戸風月堂〉あべのハルカスミニゴーフル(ブ…
価格:486円(税込、送料別) (2023/6/21時点)

楽天で購入

 

〈神戸風月堂〉あべのべあミニゴーフル(ブルー)べあミニゴーフル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6/22〜お買い物マラソン★5倍】〈神戸風月堂〉あべのべあミニゴーフル(ブルー…
価格:486円(税込、送料別) (2023/6/21時点)

楽天で購入

 

〈神戸風月堂〉あべのべあミニゴーフル(ピンク)べあミニゴーフル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6/22〜お買い物マラソン★5倍】〈神戸風月堂〉あべのべあミニゴーフル(ピンク…
価格:486円(税込、送料別) (2023/6/21時点)

楽天で購入

あべのハルカス内にある「大阪マリオット都ホテル」

「あべのハルカス」に近いホテルを紹介しようと思ったのですが、あべのハルカス内にホテルがあるんですね。
「あべのハルカス」の高層階に位置する、「大阪マリオット都ホテル」は、格式高く、落ち着いた雰囲気のあるホテルです。
活気ある大阪の街並みを、まさに「天空のホテル」から一望できます。
特に、夜景は灯りがきらめく美しさで大きな魅力を持っています。
豊かな設備が整った「大阪マリオット都ホテル」で贅沢な時間を過ごし、特別な日を素晴らしい思い出にしてみませんか?
それにしても、食事も宿泊も観光もこのビル内で完結できるというのは、すごいことですよ。

「大阪マリオット都ホテル」は、「あべのハルカス」の高階層にお部屋があり、口コミも大半が最高評価です。
すべての面で最高級だけあって、宿泊代も最高級です。
何かの記念日に利用できると一生の思い出になることと思います。
まずは、宿泊プランを見て、ご検討下さい。

 

ホテル名 大阪マリオット都ホテル
(読み) おおさかまりおっとみやこほてる
特 色 日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」に、関西初のマリオットブランド「大阪マリオット都ホテル」誕生
料 金 19930円~
住 所 〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電 話 06-6628-6111
FAX 06-6628-6266
最寄駅 天王寺
アクセス JR・地下鉄御堂筋線「天王寺駅」隣接、近鉄「大阪阿部野橋駅」直結
駐車場 宿泊者 一泊あたり 3,000円
投稿件数 833件
★の数 (総合): 4.42
楽天ウェブサービスセンター

このホテルの詳細については、以下の記事も参考にされて下さい。

大阪マリオット都ホテルのレストランやラウンジ!徹底解説
大阪マリオット都ホテル この「大阪マリオット都ホテル」は、2014年にオープンした「あべのハルカス」内にあります。 「大阪マリオット都ホテル」では、『世界水準のおもてなし』と『日本の伝統的なおもてなし』が融合した、上質な滞在を体験できます。...

あべのハルカス展望台!イベントも食事もホテルもココで完結まとめ

「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」での過ごし方についてレポートしてきました。
展望台「ハルカス300」では、ただ高階層からの展望を楽しむだけでなく、たくさんのイベントが行われており、長く滞在しても興味が尽きないようになっています。

また「あべのハルカス」の内には、さまざまなレストランや商業施設があり、観光イベントやお食事、そしてこのビル内のホテルに宿泊、さらにはお土産もこのビル内にある商業施設で購入することができます

「あべのハルカス」は、旅行のすべてを完結できる大変めずらしい観光スポットです。
「あべのハルカス」は、圧倒的な存在感で大阪のシンボルとして外せない存在となっています。

大阪に来られたら、是非「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」にお立ち寄りください。
最高の思い出ができること請け合いです。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
大阪府
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました