この記事にはプロモーションが含まれています

天王寺動物園の見どころやアクセス解説!駐車場・料金・周辺ホテル情報あり


天王寺動物園は、1915年(大正4年)1月1日に開園し、現在、1000点以上の動物を含む約180種類の動物を飼育されています。
園内は約11ヘクタールに広がっており、都心のオアシスになっています。
一番歴史が長い動物園は、誰もがご存じと思います東京の上野動物園です。
二番目に歴史が長い動物園は、京都の京都市動物園です。
そして、三番目に歴史が長い動物園が、今回ご紹介している大阪の天王寺動物園です。
天王寺動物園は、2015年(平成27年)に、開園100周年を迎えています。

天王寺動物園の展示では、生態系の再現を目指しており、動物たちが暮らす自然環境を忠実に再現しています。
爬虫類生態館「アイファー」「アフリカサバンナゾーン」などを訪れると、様々な生き物が生息している自然環境を感じることができます。

また、天王寺動物園では、さまざまなイベントも開催されています。
例えば、動物たちのごはんタイムやおやつタイムを観察したり、飼育員のガイドによる裏話を聞くことができます。
さらに、季節に合わせたイベントや、期間限定で開催されるナイトZOOなど、一年中楽しみが盛りだくさんです。
お子様連れのご家族にとって、楽しいひとときを過ごすことができる観光スポットだと思います。

天王寺公園の見どころ3選

天王寺動物園は、駅からのアクセスも良く、家族連れやカップルでも楽しめる動物園です。
園内には世界各地から集められた1000点以上の動物たちが暮らしており、生き生きとした姿を見ることができます。
そんな中で、どこに見どころがあるのかご存知でしょうか?

見どころ1:臨場感あふれる「生態的提示」に興奮

天王寺動物園での見どころのひとつめはこの動物園の売りである「生態的展示」です。
「生態的展示」とは、動物たちの生息環境を再現することで、動物たちの生態をありのままに表現させている展示のことです。

例えば「アフリカサバンナゾーン」では、シマウマキリン、やエランドたちが同じ空間で暮らす姿が見られます。
不思議なことに、ゾーンの奥には「あべのハルカス」も見ることができます。
周囲に広がる草原と木の森はまるでサバンナのようで、訪れた人たちはサバンナに迷い込んだ錯覚を覚えます。

アイファ-ゾーン(爬虫類生態館)でも同じように、自然の中にある爬虫類の生態を観察することができます。

また、鳥の楽園では森林や湿地、池、泉などが自然に再現され、鳥たちが自由な姿で飛び回る様子を見ることができます。

このようなリアルな展示によって、天王寺動物園では自然の美しさだけでなく、その生態系までもが体感できるようになっています。

見どころ2:目の前の動物がたちに感じる興奮!

2番目の見どころは、「目の前に来てくれる展示」のおかげで、出会うことができる動物たちがいるということです。

水槽で足元を泳ぐ可愛いペンギンや、透明パネルの向こうに広がるライオンたちの姿を楽しむことができます。
これらの動物は、わたしたちの近くまで寄ってきてくれます。
野性味がないということにもなりますが、見る者にとっては、うれしいことですね!
こんなに近づいてきてくれると、細部まで観察でき、その出会いが興奮を引き出してくれます

オオカミ一家も展示されており、中でも家族で遠吠えする場面には驚嘆します。
こうして至近距離で観察すると、動物たちの素晴らしい大きさや迫力がよく分かりますので、子どもたちだけでなく、大人も大興奮でしょう。

もうひとつ例を挙げます。
天王寺動物園は、「アフリカサバンナゾーン」という生態学的な展示もあります。
水中にいる姿をそれぞれの水槽にて楽しめる、野生のカバたちです。
カバは、濁った水がある場所で暮らすため、水中で観察することは困難とされています。
しかし、この動物園では、ガラス越しに確認できます。
素晴らしい「サバンナ最強」の動物であるカバの、大きな口に注目しながら、じっくりと観察してみましょう。

見どころ3:動物たちに触れて楽しめる興奮!

3番目の見どころは、動物たちが、子どもたちに近づいてきてくれる、そして動物たちと触れ合うことができるという点です。

色鮮やかなサーモンピンクが美しく、小さな子どもたちに大人気のフラミンゴや、ダイナミックに遊ぶ姿が可愛いホッキョクグマ(シロクマ)など、たくさんの動物たちに子どもたちは、驚くことでしょう。

また、天王寺動物園で外せないのが、「白雪姫時計台」です。
昭和レトロな設計のからくり時計で、15分ごとに白雪姫が登場します。
大人でも思わず見とれてしまう魅惑的なスポットです。

子どもたちには、動物たちとのふれあいがおすすめです。
「ふれあい広場」では、ヤギヒツジとエサやり体験や、予約制のテンジクネズミのふれあい体験などが楽しめます。

事前にスケジュールを確認して、ぜひ予約をしてくださいね!

天王寺動物園へのアクセス、最寄り駅、駐車場

天王寺動物園の中に入るゲートが2カ所あります。
「新世界ゲート」と「てんしばゲート」です。

「新世界ゲート」は、上の地図では、左上にあります。
「てんしばゲート」は、上の地図では、真ん中下にあります。

新世界ゲートから入場する場合のアクセス・最寄り駅

上の画像が、「新世界ゲート」です。
新世界ゲートから入場する際の最寄り駅を以下に示します。

  • Osaka Metro「動物園前駅」
  • Osaka Metro「恵美須町駅」
  • JR「新今宮駅」
  • 南海「新今宮駅」
    各駅から徒歩5分~10分となります。

てんしばゲートから入場する場合のアクセス・最寄り駅


上の画像が、「てんしばゲート」です。

  • Osaka Metro「天王寺駅」
  • JR「天王寺駅」
  • 近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」
    各駅から徒歩5分~10分となります。

駐車場

駐車場は、2カ所あります。
収容台数がかなりありますので、その点は安心かと思います。

  • 天王寺公園地下駐車場(500台)
  • 天王寺公園茶臼山エントランス駐車場(70台)

天王寺動物園の料金(入場料)

天王寺動物園の入場料は、大変リーズナブルですね。
これだけ楽しめて、この入場料、感謝しかありません。

各入園ゲートで、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済等ができます。
お手持ちのもので決済が可能かどうか、天王寺動物園のHPにて、ご確認下さい。

区 分 料 金
大人 500円
大人(OSAKA PiTaPa、エンジョイエコカード 提示割引) ※1 450円
大阪市外の小・中学生 200円
大阪市内の小・中学生 ※2 無料
未就学児(幼児) 無料
大阪市内在住の65歳以上の方 ※3 無料
身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳・戦傷病者手帳・療育手帳をお持ちの方 ※4 無料
年間パスポート(大人) 2000円
年間パスポート(大阪市外の小・中学生) 800円

※1 OSAKA PiTaPa(記名本人のみ)及びエンジョイエコカード(当日乗車記録のみ)提示割引の方は、入園時に原本をご提示ください。(OSAKA PiTaPa以外のPiTaPaでは割引できません)

※2 大阪市内在住・在学及び大阪市立(市外含む)の学校に在学の小・中学生は無料となりますので、学生証・無料パス(大阪市内及び大阪市立の小学校に配布しています)・保険証などの住所・年齢を証明できるもの(原本)をお持ちください。

※3 大阪市内在住の65歳以上の方は無料となりますので、免許証などの住所・年齢を証明できるもの(原本)をお持ちください。

※4 身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳、戦傷病者手帳、療育手帳をお持ちの方と同伴して介護を行う方は無料となります。各種手帳の原本、またはミライロIDに登録されている方は、ミライロIDの登録画面をゲートでご提示ください。

天王寺動物園周辺でランチ!レストランやカフェは?

お子様連れでも、安心な天王寺動物園周辺のレストランを3つ紹介します。

和食 たちばな あべのキューズモール

「和食 たちばな あべのキューズモール」は、あべのキューズモール(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 )の4階にあります。 
「和食 たちばな あべのキューズモール」は、子どもと一緒に楽しめる、個室で予約可能なお店です。
そのため、平日でも、大変予約が取りづらい人気店となっています。
2時間制の制限がありますが、ゆっくりと過ごすことができます。

また、子ども向けの食器も用意されており、料理もうどんやお子様ランチといった幼児向けのメニューがあり、小さい子どもも満足できます。

串家物語 あべのキューズモール店

「串家物語 あべのキューズモール店」も、上の「和食 たちばな あべのキューズモール」と同じ、あべのキューズモール(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 )の4階にあります。
「串家物語 あべのキューズモール店」は、その名前からわかるように自分好みに揚げられる串揚げを提供する食べ放題の専門店です。

素立て野菜からぷりぷりのお肉、新鮮なお魚まで豊富にラインナップし、ポテト、ホットケーキ、たこ焼きなども揃っているため、小さなお子さんたちにも大人気です。

ドリンクバーを頼むには追加料金が必要ですが、ソフトクリームも食べ放題となっており、家族で楽しめる場所として大変にぎわっています。

なかの家 ハルカス店

「なかの家 ハルカス店」は、あべのハルカスのタワー館13Fにあります。
「なかの家 ハルカス店」は、旬の野菜と魚介類を味わえるダイニングエリアです。
店内は木材で統一された雰囲気で、心地よさを感じることができます。
席数は124席に及び、大家族の方々でも十分座ることができます。
また、石臼引きのそばなども提供しており、家族みんながお気に入りを見つけることができるお店です。

天王寺動物園のお土産ショップ

天王寺動物園でしか売っていないおみやげが、実は、あるんです。
その天王寺動物園限定グッズは、以下の3つのお店で購入することができます。

FooZoo(フードショップ)

「FooZoo(フードショップ)」は、新世界ゲートからすぐの場所にある素晴らしいフードショップです。
天王寺動物園のキリンの模様が描かれたキリンドッグや、ホッキョクグマクレープの「ディッピンドッツ」など、天王寺動物園オリジナルのメニューも見逃せませんよ。

GooZoo(グッズショップ)

GooZoo(グッズショップ)は、新世界ゲートのすぐそばにある素敵なグッズショップです。
天王寺動物園でしか会えないキーウィのぬいぐるみや、ホッキョクグマのうでまくらなど、さまざまなオリジナルグッズを販売しています。

サバンナショップ(フード&グッズショップ)

天王寺動物園の北側、トラ舎付近にある「サバンナショップ」は、おいしいフードとかわいいグッズがたくさん揃っているお店です。
ソフトクリームやかき氷はもちろん、可愛らしいぬいぐるみやキーチェーンも販売しています。
お子様も大喜び間違いなしです。
広い芝生の中にあるベンチで少し休憩しながら、楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

天王寺動物園周辺のホテル

天王寺動物園に近くて、お子様連れにも安心なホテルを紹介しますね。

都シティ 大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)

「都シティ 大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)」は、JR天王寺駅東口より徒歩1分、地下鉄御堂筋線天王寺駅3番出口横にあるホテルです。
もちろん天王寺動物園も徒歩圏内です。

この「都シティ 大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)」は、ご家族4名が宿泊できる大きな部屋があります。
家族みんなでひとつの部屋でわいわい過ごすことができるのは、ポイントです!!

大阪マリオット都ホテル

「大阪マリオット都ホテル」は、JR・地下鉄御堂筋線「天王寺駅」隣接しています。
また近鉄「大阪阿部野橋駅」直結になっています。

この「大阪マリオット都ホテル」も天王寺動物園から徒歩圏内にあります。
「あべのハルカス」は日本一高いビルです。
その中にあるマリオット都ホテルのクオリティは非常に高く、上階からは大阪平野を一望できる絶景を楽しめます。
また、ビル内には展望台や美術館があり、快適な滞在をサポートします。

大阪マリオット都ホテルのレストランやラウンジ!徹底解説
大阪マリオット都ホテル この「大阪マリオット都ホテル」は、2014年にオープンした「あべのハルカス」内にあります。 「大阪マリオット都ホテル」では、『世界水準のおもてなし』と『日本の伝統的なおもてなし』が融合した、上質な滞在を体験できます。...
あべのハルカス展望台!イベントも食事もホテルもココで完結
「あべのハルカス」は、近鉄グループの主要事業である百貨店、ホテル、オフィスなどが集積された立体都市であり、延床面積はおよそ31万㎡に及びます。 また、「あべのハルカス」は、鉄道のターミナルと直結しており、物理的なアクセシビリティにも優れてい...
あべのハルカス美術館へのアクセスガイド!最寄り駅や展覧会紹介
「あべのハルカス」の中には、展望台やレストラン、そしてオフィスやホテルまで、多様な施設があります。 その中のひとつが、「あべのハルカス美術館」です。 「あべのハルカス美術館」は、アートに興味を持つ人々が多く訪れ、気軽に楽しめるだけでなく、深...

アパホテル〈天王寺駅前〉

「アパホテル〈天王寺駅前〉」は、大阪メトロ各線天王寺駅5番出口徒歩1分、JR天王寺駅南口徒歩3分、近鉄大阪線大阪阿部野橋駅徒歩3分の位置にあります。
当然、「天王寺動物園」も徒歩圏内です。

この「アパホテル〈天王寺駅前〉」は、便利で快適な宿泊ができるチェーンホテルです。
料金も手ごろで、美味しい朝食付きのプランもあるので、コスパも抜群です。
リーズナブルなホテルをお探しなら、このホテルが第1候補になるでしょう。
ただし、お部屋の関係で1室3名様の宿泊になるのが、残念なところです。

「天王寺動物園の見どころやアクセス解説!駐車場・料金・周辺ホテル情報あり」のまとめ

この記事では、「天王寺動物園」の見どころやアクセス方法、それに加えて駐車場や料金、周辺ホテル情報を紹介してきました。

「天王寺動物園」は、大変リーズナブルに過ごせる観光スポットのひとつです。
また天王寺動物園へのアクセスには複数の選択肢があり、大阪観光のプランに組み込みやすい観光スポットでもあります。

「天王寺動物園」の周辺には、ホテルや駐車場、お子様向けのレストランがあります。
その施設の近さが、お子様連れの旅を快適なものにしてくれるはずです。
そしてそのことが、天王寺動物園への訪問をより楽しいものにしてくれるのではと思います。

この記事が、天王寺動物園への訪問を素晴らしい体験にするために、お役に立てば幸いです。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
大阪府
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました