この記事にはプロモーションが含まれています

のいち動物公園は日本一!周辺ホテルとレストランも紹介

上の画像は、「のいち動物公園」の一番人気である「ハシビロコウ」です。

「のいち動物公園」は、高知県にある動物園です。
「のいち動物公園」は、その卓越した施設と質の高い動物の展示により、日本一の動物公園として知られています。
訪れる人々にとって、のいち動物公園はまさに夢のような体験を提供してくれます。
ここでは、珍しい動物種や絶滅危惧種を展示するだけでなく、動物たちが自然環境に近い形で暮らすことができるように配慮された環境づくりにも力を入れています
この記事では、のいち動物公園が日本一の評価を受けるに至った理由、そして訪れる人々に与える感動的な体験について詳しく紹介します。
のいち動物公園の成功の秘訣を探りながら、日本の動物園の展示基準の高さを実感していただけることでしょう。

のいち動物公園の料金や営業時間などの基本情報

住所 高知県香南市野市町大谷738
営業時間 9:30~16:00(閉園17:00)
定休日 月曜、祝日の場合は翌日休
12月27日~翌1月1日休
料金 【入園料】
大人:470円
18歳未満・高校生以下:無料
・ベビーカー貸し出し200円
・車いす貸し出し:無料
アクセス 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線のいち駅から徒歩20分
駐車場 あり
駐車料金 無料
電話番号 0887-56-3500
サイトURL https://noichizoo.or.jp/

 

のいち動物公園が日本一である理由

日本には数々の動物園がありますが、その中でも「のいち動物公園」は特別な存在です。
「のいち動物公園」は、飼育における徹底した努力と配慮が評価され、日本一の評判を築いています
ここでは、「のいち動物公園」がなぜ日本一の評価を受けているのか、その魅力的なポイントに迫ります
自然との共存を追求する動物園の姿勢と、私たちがそこで得られる素晴らしい体験についてご紹介しますよ。

日本一である理由1・動物たちが幸福な環境で暮らすための取り組み

「のいち動物公園」では、動物たちのために最適な環境を再現し、彼らが快適に暮らせるように細心の注意を払っています。
飼育スタッフは、動物の生態や行動を研究し、それに基づいて飼育方法を工夫しています。
例えば、動物たちの健康を保つために、適切な栄養摂取と運動環境を提供しています。
さらに、動物たちのストレスを軽減するために、静かな場所や隠れ家の設置にも力を入れています

また、「のいち動物公園」はエンリッチメント(環境 en リッチメント)という手法を積極的に取り入れています。
これは、動物が自然環境において体験するような刺激を提供することで、彼らの心身の健康を促進する方法です。
例えば、枝や木の登れる場所を設置し、脳や筋肉の発達に役立てているのです。

日本一である理由2・動物とのかかわりを通じた教育プログラム

「のいち動物公園」では、展示施設やエンターテイメント要素を通じて、訪問者にリアルな体験を提供しています。
動物たちの生態や習性を理解するための展示解説やワークショップなど、さまざまな教育プログラムも開催されています。

また、子供たちを対象にした教育プログラムも充実しています。
子供たちは、動物とのふれあいや餌やり体験などを通じて、自然への興味や保全意識を高めることができます。
これらのプログラムは、子供たちの教育だけでなく、家族全体の絆を深める機会ともなっています。

日本一である理由3・多くの人々に提供する感動と学びの機会

「のいち動物公園」では、教育プログラムを通じて、多くの人々に感動と学びの機会を提供しています。
動物たちとのふれあいや触れ合い活動、動物の生態や環境について学ぶワークショップなど、さまざまなプログラムが開催されています。
特に、子供たちには動物の生態や保護の重要性を楽しく学べる教育プログラムが人気です。
これらのプログラムに参加することで、訪問者は動物たちへの理解を深め、自然環境への関心を高めることができます。

「のいち動物公園」は、動物たちが幸福な環境で暮らし、訪問者にも素晴らしい体験を提供するための努力と配慮がされていることが日本一の評価を受けている理由です。
飼育における徹底した努力、動物とのかかわりを通じた教育プログラム、感動と学びの機会の提供など、のいち動物園の魅力的なポイントについてご紹介しました。
ぜひ、「のいち動物公園」を訪れて、自然との共存を追求する姿勢と、そこで得られる素晴らしい体験を体感してみてください。
きっと心に残る思い出が作れるはずです。

のいち動物公園のレストラン

「のいち動物公園」は、高知県立の人気観光スポットですが、その魅力は動物だけにとどまりません。
公園内には多くの滞在施設やアクティビティがあり、その中にレストランもあります。
ここでは、「のいち動物公園」のレストランとフードストアに焦点を当て、その魅力を紹介します。

のいち動物公園のレストラン「レストラン・ラクーン」

まずご紹介するのは、「のいち動物公園」内にある「レストラン・ラクーン」です。
“ラクーン”という名前には、英語でアライグマのことを指すだけでなく、楽しく食事を楽しむという意味も込められています。

「レストラン・ラクーン」では、地産の食材を取り入れたここでしか味わえないメニューを提供しています。
「くまさんランチ」や「うさぎカレー」などのメニューがあり、お子様が喜ぶこと間違いなしです
県内外のお客様に喜んでいただけるよう、特にこだわりを持って料理が作られています。
営業時間は11:00から15:00まで(オーダーストップは14:00)です。
お弁当もありますが、予約が必要ですので、公園内でピクニック気分を味わいたい場合は、事前にもっていく必要があります。

のいち運動公園のフードストア「サンゴママのキッチン」

次にご紹介するのは、「サンゴママのキッチン」です。
このフードストアは、売店「のいちご」の前で土日祝日に営業しています。
特にからあげやポテトが人気メニューとなっています。

園内で楽しむアクティビティの合間に、ちょっとした軽食や腹ごしらえにぴったりのお店です。

のいち動物公園周辺のホテル

この記事では、家族旅行向きのホテルを「のいち動物公園」から近い順に紹介します。

のいち動物公園に激近「丸米旅館」

「丸米旅館」は、「のいち動物公園」に一番近いホテルです。

この「丸米旅館」は、「のいち動物公園」からお車で4分(1.5km)の位置にあるホテルです。

「丸米旅館」には、8台駐車可能な駐車場があります。
この駐車場は、先着順となっています。
駐車料金は、無料です。

「丸米旅館」は、その美しい自然環境と温かいおもてなしで知られています。
ここでは、丸米旅館の魅力について詳しくご紹介いたします。
まずは、のいち駅から徒歩わずか6分という好立地に位置しており、観光地へのアクセスも便利です。
また、高知県立「のいち動物公園」や桂浜など、魅力的な観光スポットも近くにあります。
さらに、お部屋は快適な設備が整っており、ゆったりとくつろげる空間が広がっています。
お部屋の選択も大変シンプルで、和室の7.5畳1択です。
1部屋の最大宿泊人数は、3名なので、それ以上のご家族でしたら、2部屋以上の予約が必要になります。
口コミに、「料金を考慮すると、朝食・部屋・風呂全てにおいて満点に近い」という感想もあり、大変コスパの高いホテルと言えます。

エリア最大級の温泉堪能「高知黒潮ホテル」

「高知黒潮ホテル」は、エリア最大級の温泉ビジネスホテルです。

この「高知黒潮ホテル」は、「のいち動物公園」からお車で6分(2.0km)の位置にあるホテルです。

「高知黒潮ホテル」には、100台駐車可能な駐車場があります。
駐車料金は、無料です。

「高知黒潮ホテル」は、その美しいロケーションと充実した施設で注目を集めています。
このホテルは、高知龍馬空港から車で約10分の距離に位置し、観光やビジネスの拠点として便利な立地です。
また、南国ICからも約15分でアクセス可能であり、交通の便も良いことが特徴です。
ホテル内には、黒潮温泉の源泉かけ流しの温泉や飲食店、レクリエーション施設などがあり、ゆったりと過ごすことができます。

この「高知黒潮ホテル」のお部屋は、2名が定員となっています。
一番大きなお部屋は、和室12畳(京間12畳)で、最大宿泊人数は、6名となっています。
これなら、3世代のご家族でも大丈夫かと思います。

この「高知黒潮ホテル」の最大の魅力はなんと言っても天然温泉です。
地下1300mから湧き出るアルカリ性のお湯は、つるつるとした美肌効果があり、入浴すると心身ともにリラックスできます。
また、浴場の壁には高知らしさを感じる坂本龍馬に関する相関図や年表が描かれており、歴史的な背景に触れることもできます。
さらに、開放感あふれる石造りの露天風呂や広々とした檜張りのサウナも魅力的ですよ。

天然温泉を堪能「癒しの湯宿 龍河温泉」

「癒しの湯宿 龍河温泉」は、龍河洞・やなせたかし記念館がある田園風景と星空の広がる街の温泉ホテルです。

この「癒しの湯宿 龍河温泉」は、「のいち動物公園」からお車で12分(7.5km)の位置にあるホテルです。

「癒しの湯宿 龍河温泉には、25台駐車可能な屋外駐車場があります。
バイク用の屋根付き駐輪場もあります。
この駐車場は、予約不要になっています。
駐車料金は、無料です。

高知県にある龍河温泉に位置するホテル「癒しの湯宿 龍河温泉」は、その名の通り、心身を癒す絶好の場所です。
古民家調の建物が、和モダンな和洋室に馴染み、杉の木をふんだんに使用した温かみのある雰囲気は、まさにふるさとへ帰ってきたような感覚を味わえるでしょう。
また、無双窓や畳の間に敷かれた和布団など、昔ながらの作りの建具がノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
シモンズ製のシングルベットや美人の湯として評判のアルカリ湯質の天然温泉など、快適な設備も整っています。
「癒しの湯宿 龍河温泉」のお部屋は、ダブルベッド1台の洋室と10.5畳の和室の2種類です。
洋室のお部屋は、2名が定員ですが、和室の方は、4人まで宿泊することができます。
ご家族でお泊まりなら、和室で決まりですね。
また、この「癒しの湯宿 龍河温泉」の大浴場は、地下1200mよりくみ上げられた天然温泉をベースにしており、ゆったりくつろぐことができます。
ph値9.3のアルカリ泉は「とろとろでお肌がスベスベになる」と 温泉好きなお客様からも喜ばれております。
夕食は、家庭的な料理だけでなく、プランによっては、ここでしか味わうことができない「龍馬が好んだ軍鶏鍋」や「コラーゲンたっぷりのうつぼの小鍋」を注文することもできます。

「のいち動物公園は日本一!周辺ホテルとレストランも紹介」まとめ

「のいち動物公園」は、動物たちの幸福な環境づくりに取り組んでいることが、日本一である大きな理由です。
「のいち動物公園」では、広大な敷地や自然豊かな環境を活かし、動物たちが自然に近い状態で生活できるような施設を提供しています。
これにより、動物たちはストレスのない環境で健康的に成長し、訪れる人々に喜びを与えています。

また、「のいち動物公園」は、動物とのかかわりを通じた教育プログラムも展開しています。
訪れる人々には、動物たちの生態や習性について学ぶ機会が与えられ、自然とのつながりや環境保護の意識を高めることができます。
特に、子どもたちにとっては、生き物への関心や愛情を育む場となり、貴重な学びの場となっています。

さらに、「のいち動物公園」は、多くの人々に感動と学びの機会を提供しています。
公園内にはさまざまな種類の動物が展示されており、訪れる人々はその多様な生命の営みや美しさに触れることができます。

また、公園内にはレストランや周辺にはホテルもあり、快適な滞在を提供しています。
これにより、地域や観光客など、幅広い人々が公園を訪れ、動物たちとのふれあいや学びを楽しむことができます。

記事後半では、「のいち動物公園」周辺のホテルについて次の3つのホテルを紹介してきました。

まず、「のいち動物公園」に激近の「丸米旅館」は、周辺に位置しているため、アクセスが便利です。
また、温泉もあり、観光の疲れを癒すことができるでしょう。

次に、「高知黒潮ホテル」は、エリア最大級の温泉を楽しむことができます。
天然の温泉に入ることで、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

さらに、「癒しの湯宿 龍河温泉」も天然温泉を堪能することができる宿泊施設です。
温泉の効能を実感しながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

これらのホテルは、のいち動物公園からのアクセスも便利であり、温泉を楽しむこともできるため、観光客にとって快適な滞在が期待できます。
どのホテルも、心地よいサービスや設備を提供しており、旅行者の皆様に満足度の高い宿泊体験を提供しています。

「のいち動物公園」公園周辺での滞在を考えている方は、ぜひ上記のホテルを検討してみてください。
心地よい温泉と快適なサービスが、旅行の疲れを癒してくれることでしょう。

 

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
高知県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました