この記事にはプロモーションが含まれています

「下呂温泉 湯之島館」の特徴!温泉や部屋の様子・食事・口コミ・アクセス情報

「下呂温泉 湯之島館」は、岐阜県の下呂市にある温泉旅館です。

「下呂温泉 湯之島館」は、上の写真からもわかるように重厚な瓦屋根のクラシカルな旅館です。
この旅館は、国の登録有形文化財に認定された昭和初期の建築物です。
歴史好きには、たまらない宿ですね

「下呂温泉 湯之島館」の特徴を紹介します。

  • 5万坪の庭園あり(東京ドーム3つ分より広いです。)
  • 広々とした露天風呂(大自然の中にあります。)
  • A5ランクの飛騨牛と下呂ブランド米「龍の瞳」のコラボ(下呂といえば、これです。)

下呂温泉といえば「三大名泉」で有名ですが、この「下呂温泉 湯之島館」でも名泉を十分に堪能できます。
その泉質は、「美人の湯」としても人気があり、美容や健康づくりに優れた効果があります。
女性に、人気のある温泉です

「都会の喧噪(けんそう)を忘れ、ゆったり過ごすことができる」という言葉を聞かれたことがあるでしょう。
この言葉は、まさにこの「下呂温泉 湯之島館」のためにあるかのようです。

この記事では、大自然に囲まれた古格で歴史を感じることができる「下呂温泉 湯之島館」の温泉やお部屋の特徴についてご紹介します。
また、この旅館の食事の様子、アクセスや口コミについてもお知らせしますね。

「下呂温泉」に行かれる方は、是非参考にしてください。

「下呂温泉 湯之島館」の温泉の特徴!

「下呂温泉 湯之島館」の【温泉】には、つぎの3種類があります。

  • 展望大浴場
  • 展望露天風呂
  • 家族風呂

下呂温泉の湯之島館の温泉!展望大浴場

「展望大浴場」は、山の中腹にあり、お風呂から飛騨の山並みを眺めることができます。
「温泉の写真」を見てもらうともらうとわかりますが、開放感広がる大浴場です。
大浴場は、高台にあるので、その眺めも壮観でしょう

「下呂温泉」は、その高い効能から湯治に選ばれてきた名泉ですが、お湯は無色透明でとても柔らかです。
湯上りはいつまでもポカポカの温もりが続き、つるつる、すべすべに潤ったお肌の感触から「美人の湯」と呼ばれています。
女性には、うれしい温泉ですね

 

下呂温泉の湯之島館の温泉!展望露天大浴場

「展望露天風呂」は、大浴場から行くことができます。
「展望露天風呂」からは飛騨の山々を背にする下呂温泉のまち並みが一望できます。
その雄大さや解放感にあふれる景色もまた「下呂温泉 湯之島館」ならではのものです。

下呂温泉には、たくさん旅館やホテルがあります。
しかし、満天の星空の下、湯の温もりと山の自然にどっぷりと浸ることができるのは、この「下呂温泉 湯之島館」だけです。
眼下に見えるちらちら揺れる街明かりも、風情を誘います

上の地図からも、この「下呂温泉 湯之島館」が、高台にあることがわかります。
この高台からの眺めを味わいたいのであれば、「下呂温泉 湯之島館」がおすすめです。

「下呂温泉 湯之島館」のお部屋の様子

「下呂温泉 湯之島館」は、国の登録有形文化財である本館を始まりとし、昭和、平成、令和と増築、改修を重ねています。
「下呂温泉 湯之島館」の【お部屋】もまた、伝統的な日本建築の特徴と良さを生かし、それぞれの時代の匠たちが趣向を凝らしています。
温泉郷の宿らしく畳の優しい感触が郷愁をさそいます。
上の写真からも、お部屋の周りが自然に囲まれ、居心地のよい部屋であることが伝わってきます。
お部屋も広々として、ゆったりとくつろげそうです

「下呂温泉 湯之島館」の【部屋一覧】を見ると、お部屋の広さも考慮され、12のプランを見ることができます。
この12のプランを大まかにわけてみます。

  • 特別室「七重八重之間」
  • 別館 露天風呂付客室
  • 本館
  • 景山荘
  • 景山荘 ツインベッド付客室

それぞれのお部屋の特徴を簡単に紹介しますね。
どのお部屋も一軒家のような広さであることに驚きます

 

下呂温泉の湯之島館の部屋!特別室「七重八重之間」

この特別室「七重八重之間」は、「下呂温泉 湯之島館」随一の貴賓室です。

昭和33年秋には、昭和天皇皇太后両陛下がこの「七重八重之間」でお過ごしになられたそうです。
間取りは、本間31帖に控えの間を備えた純和風の貴賓室です。
昭和天皇がお泊まりになられたお部屋を利用すると、最上の喜びを感じるでしょう

 

下呂温泉の湯之島館の部屋!別館 露天風呂付客室「春慶荘」

「春慶荘」は、飛騨伝統の漆塗技法、春慶塗を造作に施した風流な一室です。
歴史作家である司馬遼太郎氏も、このお部屋のことを紀行文「街道をゆく」の中で取り上げています。
司馬遼太郎氏は、『日本文化ですなあ』と春慶荘を賞し、心が浮き立ち「数寄に興じた」と著しています。
それにしても、こちらを利用された著名な方が多いのに驚きます

 

下呂温泉の湯之島館の部屋!本館「一般客室」

「本館」は、一般客室として利用されています。
「下呂温泉 湯之島館」の本館は、1931(昭和6)年の創業まで、4年の歳月をかけて建設された木造三階建て建物で、国の登録有形文化財に指定されています。

こちらの「本館」は、年季を感じさせない清潔感があります。
ただし、防音も当時のままなので、隣室が気になることもあるそうです。
でも、それも昔を思わせる旅の一コマです

 

下呂温泉の湯之島館の部屋!景山荘「温泉付き客室」

「下呂温泉 湯之島館」は高台にありますが、その「下呂温泉 湯之島館」の中で一番の高いところにあるのが「景山荘」です。

この「景山荘」は、最上階である11階まで源泉を引き揚げています。
客室は全室展望風呂付きです。
そして展望風呂の窓は、全面開放できます。
開け放った窓から風が運んでくる森の空気はさぞかし、気持ちよいでしょう
見晴らしも最高気分ですね。

 

下呂温泉の湯之島館の部屋!景山荘 ツインベッド付客室「水仙之間」

「水仙之間」は、唯一ベッドを設えたお部屋です。
和室とツインベッドルームがある寛ぎのスペースに、源泉の展望風呂が付いています。
お風呂上りに、すぐごろりと体を休めることができるので、ご高齢の方にはよいかもしれませんね。

また隣のお部屋は、お食事のためのダイニングルームです。
イスとテーブルで食事ができるので、座ることが苦手な方にとっては、おすすめの部屋です。

「下呂温泉 湯之島館」のお食事の様子

「下呂温泉 湯之島館」の【お食事】は、素材の持ち味を存分に活かし、季節を食で楽しませる日本料理が提供されます。

 

「下呂温泉 湯之島館」のお食事!夕食編

夕食は、季節の風味のある食前酒で乾杯から始まります。
焼物は時期により、夏は鮎、冬は尼子(サケ科サケ属の渓流魚)といった川魚が中心とで、飛騨牛はメニューに応じてしゃぶしゃぶやステーキで出されます。
小さい子供がおられても、子供用の会席もあるので安心です

 

「下呂温泉 湯之島館」のお食事!朝食編

「下呂温泉 湯之島館」の朝食には、つぎの料理が出されます。

  • 温泉卵
  • 自家製豆腐
  • 飛騨の郷土料理である朴葉味噌焼き(ほおばやき)
  • 豚の角煮

これらの料理が出るのは、「下呂温泉 湯之島館」の伝統だそうです。
ご飯は炊き立ての岐阜県産コシヒカリです。
全部食べると栄養バランスが整うように作られています。
こだわりの朝食であることがわかります

「下呂温泉 湯之島館」の地図・アクセス

「下呂温泉 湯之島館」の【地図・アクセス】を紹介します。

 

「下呂温泉 湯之島館」への電車でのアクセス

電車での最寄り駅は、JR「下呂駅」です。
「下呂温泉 湯之島館」は、JR「下呂駅」から、車で5分のところにあります。
ただし、「下呂温泉 湯之島館」は高台にあるので、徒歩ではなくお車の利用をおすすめします。

お車といっても、タクシーを利用する必要はありません。
JR「下呂駅」までシャトルバスによるお迎えがあるからです。
ただし、お迎えの時間は13:35~17:25までです。
このシャトルバスを利用する場合は、この旅館を予約するときにその旨伝えておいてください。

 

「下呂温泉 湯之島館」へのお車でのアクセス

「下呂温泉 湯之島館」へ、高速道路を利用する場合の時間等を紹介します。

  • 中津川ICより、国道257号線(52.7km)約1時間で、JR「下呂駅」
  • 小牧ICより、国道41号線(94.8km) 約2時間で、JR「下呂駅」
  • 松本ICより、国道158号線・国道41号線(安房トンネル)(132km) 約3時間で、JR「下呂駅」

それぞれのICからJR「下呂駅」に向かいます。
「下呂温泉 湯之島館」は、JR「下呂駅」から、車で5分のところにあります。
駐車場も完備されており、無料で利用できます

 

【チェックイン・チェックアウト情報】

チェックイン時刻 : 15:00
チェックアウト時刻 : 11:00
最終チェックイン時刻 : 18:00

チェックアウトの時間が11時なので、ゆっくりできますね。
朝、温泉に入ることもできます

「下呂温泉 湯之島館」の実際の口コミ

「下呂温泉 湯之島館」の【実際の口コミ】から見た★評価を紹介します。

★の数(総合) : 4.56
★の数(サービス) : 4.36
★の数(立地) : 4.46
★の数(部屋) : 4.67
★の数(設備・アメニティ) : 4.17
★の数(風呂) : 4.67
★の数(食事) : 4.5
どの項目も高評価なので、安心できます

では、実際に宿泊された方々からのレビューを通じて、湯之島館の魅力や設備についてご紹介いたします。

まず、湯之島館に実際に宿泊された方々からは、館内の清潔さやスタッフの親切さが高く評価されています。
お部屋や共用スペースの清潔さが気に入られ、スタッフの丁寧なサービスに満足されている声が多く見られました。

また、「下呂温泉 湯之島館」の【温泉】の利用についても、泉質の良さや施設の整備状況が好評であり、多くのお客様がリラックスしたひと時を過ごしているようです。

さらに、「下呂温泉 湯之島館」の【お食事】についても、実際に訪れた方々から高い評価を受けています。
地元の食材を使用した料理の質の高さやバラエティ豊かなメニューが好評であり、滞在中の食事が楽しい思い出として残されているようです。

「下呂温泉 湯之島館」のプラン一覧

「下呂温泉 湯之島館」の【プラン一覧】には、料理別に7種類のプランが掲載されています。

  • 特産品の飛騨牛サーロインステーキ(A5ランク)付きの会席料理を楽しむプラン
  • 【湯之島館厳選】A5ランク飛騨牛3種の鉄板焼と下呂ブランド米『龍の瞳』
  • 【素材厳選美食プラン】ボリューム控えめ会席料理
  • 【料理長おすすめ】飛騨牛サーロインのしゃぶしゃぶと旬の食材でおもてなし
  • 精進会席プラン(お肉やお魚、卵、乳製品などの食材を使用しない会席)
  • 【ご夕食をお部屋で愉しむプラン】室数限定★景山荘のお部屋で飛騨牛料理と温泉をご堪能★4名様まで
  • 1泊ご朝食付き(夕食なし)

やはり、下呂温泉といえば、飛騨牛ははずません。
飛騨牛は、調理方法により、口溶けが異なります。
ぜひ、いろいろな調理方法で食べてもらいたいです。

わたしのおすすめプランは、これです。

【湯之島館厳選】A5ランク飛騨牛3種の鉄板焼と下呂ブランド米『龍の瞳』
粒が大きくて、甘味の強いごはん「龍の瞳」も是非食べてみてください。
飛騨牛と共に、思い出の食事になるでしょう

また、岐阜県への旅行は飛行機を利用すると便利です。
お得な「ANA楽パック」や「JAL楽パック」もありますので、旅行全体が格安で行けますよ。

「「下呂温泉 湯之島館」の特徴!温泉や部屋の様子・食事・口コミ・アクセス情報」まとめ

「下呂温泉 湯之島館」の温泉の特徴やお部屋の様子、お食事、そして実際の口コミなど、さまざまな情報をお伝えしました。

「下呂温泉 湯之島館」の温泉は、大自然に囲まれ、日々の疲れを癒してくれます。
また、歴史を感じるお部屋もまるで一棟貸しのように広く、ゆったりとくつろぐことができそうです。
さらに、お食事も地元の食材を使用した美味しい料理が自慢です。

実際の口コミからも、多くの方々が心からリラックスできる場所として高く評価されています。

「下呂温泉 湯之島館」は、歴史的に価値ある温泉旅館です。
是非、ご家族や友人と一緒に訪れてみてください!

「岐阜県の主な観光地やホテル」関連リンク

「噴泉池」 下呂温泉

下呂温泉の噴泉池の足湯とトラブル!駐車場やアクセス方法紹介
下呂温泉は長い歴史を持つ名湯で知られ、その中でも噴泉池の足湯は観光客に人気のスポットです。しかしながら、足湯を楽しむ中で生じるさまざまなトラブルも少なくありません。本記事では、下呂温泉の噴泉池の足湯の魅力やトラブルについて詳しく紹介します。

関連記事:下呂温泉の噴泉池の足湯とトラブル!駐車場やアクセス方法紹介

 

「天領酒造」 下呂温泉

天領酒造の魅力と注意点:体験記「見学予約から試飲まで」
日本酒の歴史と伝統を感じるなら、天領酒造の見学は最適な選択肢と言えるでしょう。その繊細な製造プロセスや伝統技術に触れることで、豊かな日本酒文化の一端を垣間見ることができます。この記事では、天領酒造見学の魅力に焦点を当て、予約から試飲までの過程を細かく解説します。

関連記事:天領酒造の魅力と注意点:体験記「見学予約から試飲まで」

 

「噴泉池」 下呂温泉

下呂温泉の噴泉池の足湯とトラブル!駐車場やアクセス方法紹介
下呂温泉は長い歴史を持つ名湯で知られ、その中でも噴泉池の足湯は観光客に人気のスポットです。しかしながら、足湯を楽しむ中で生じるさまざまなトラブルも少なくありません。本記事では、下呂温泉の噴泉池の足湯の魅力やトラブルについて詳しく紹介します。

関連記事:下呂温泉の噴泉池の足湯とトラブル!駐車場やアクセス方法紹介

 

「下呂温泉 小川屋」 下呂温泉

「下呂温泉 小川屋」の特徴!温泉の様子やお部屋・食事・アクセス情報
「下呂温泉 小川屋」 「下呂温泉 小川屋」は、岐阜県の下呂市の中心部にある老舗温泉旅館です。 「下呂温泉」といえば、群馬県の草津温泉、兵庫県の有馬温泉とともに、日本三大名泉のひとつとして大変有名です。 「下呂温泉」のお湯は、無色透明でほんの...

関連記事:「下呂温泉 小川屋」の特徴!温泉の様子やお部屋・食事・アクセス情報

 

「川上屋花水亭」 下呂温泉

川上屋花水亭の口コミとその特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
川上屋花水亭は、その豊かな自然に囲まれたロケーションと上質なサービスで知られる温泉旅館です。宿泊客から寄せられた口コミは、その特徴や魅力を理解するのに貴重な情報源となっています。本記事では、川上屋花水亭の宿泊客からの口コミを通じて、部屋の様子や温泉、食事、アクセス情報などについて詳細に紹介します。

関連記事:川上屋花水亭の口コミとその特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報

 

「下呂温泉 木曽屋」 下呂温泉

下呂温泉木曽屋は香るバラ風呂の温泉宿!食事の口コミもよく日帰りOK
下呂温泉に位置する老舗旅館「木曽屋」は、江戸時代より湯治場として栄え、「日本三名泉」にも数えられる名湯で知られています。同旅館は、古き日本の伝統と素朴な魅力を大切にしながら、お客様に心地よい滞在を提供しています。

関連記事:下呂温泉木曽屋は香るバラ風呂の温泉宿!食事の口コミもよく日帰りOK

 

「今宵天空に遊ぶ しょうげつ」 下呂温泉

「下呂温泉 今宵天空に遊ぶ しょうげつ」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
下呂温泉で人気の宿「しょうげつ」は、その名の通り、夜には天空に遊ぶような心地よいひとときを提供してくれます。客室からは開放感あふれる景色を眺めることができ、都会の喧騒を忘れさせてくれる癒しの空間となっています。温泉は肌に優しい効能があり、疲れた体を癒すのに最適です。

関連記事:「下呂温泉 今宵天空に遊ぶ しょうげつ」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報

 

「紗々羅」 下呂温泉

「下呂温泉 紗々羅」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
温泉好きな方におすすめの「下呂温泉 紗々羅」!この記事では、宿泊施設の雰囲気や温泉、食事、アクセス情報など、気になるポイントをご紹介します。リフレッシュしたい方や日常を忘れて癒しを求める方にぴったりの宿泊先です。下呂温泉で贅沢な時間を過ごしたい方は、ぜひチェックしてみてください!

関連記事:「下呂温泉 紗々羅」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報

 

下呂温泉の紗々羅の離れ「ゆらり」の部屋は古民家風でアンティークです
下呂温泉の名湯を堪能しながら、贅沢なひとときを過ごせる紗々羅の離れ「ゆらり」。この記事では、そのお部屋情報をくまなくご紹介します。広々とした空間、こだわりの家具やアメニティ、露天風呂付きなど、「ゆらり」のお部屋は至福の時間を約束してくれます。

関連記事:下呂温泉の紗々羅の離れ「ゆらり」の部屋は古民家風でアンティークです

 

下呂温泉の紗々羅の離れ「ゆらり」の部屋付き露天風呂の醍醐味
下呂温泉に位置する紗々羅の離れ「ゆらり」は、その静寂と美しさで訪れる人々を魅了しています。特に注目を集めているのが、この宿泊施設に備わる露天風呂です。素晴らしい景色を眺めながら心身を癒す贅沢な時間を提供してくれる「ゆらり」の露天風呂は、多くの旅行者から高い評価を受けています。

関連記事:下呂温泉の紗々羅の離れ「ゆらり」の部屋付き露天風呂の醍醐味

 

下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)の温泉サウナは日帰りでも利用できる?
下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)は、悠久の歴史と厳選された温泉が訪れる人々を魅了しています。その中でも、注目されるのが同ホテルの充実した温泉施設とサウナです。しかしそこで疑問が生じます。下呂温泉ホテル紗々羅の温泉サウナは、日帰り客でも利用可能なのでしょうか?

関連記事:下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)の温泉サウナは日帰りでも利用できる?

 

下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)の食事で飛騨牛を堪能
下呂温泉の「ささら」に佇む離れ「ゆらり」では、地元飛騨牛を贅沢に堪能できる食事が楽しめます。 温かな木のぬくもりに包まれた離れで味わう、上質な飛騨牛は絶品の味わいとともに心を満たしてくれます。この記事では、下呂温泉の「ささら」の離れ「ゆらり」で味わえる飛騨牛の魅力に迫ります。

関連記事:下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)の食事で飛騨牛を堪能

 

下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)へのアクセス
下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)は、日本有数の名湯である下呂温泉に位置するリゾートホテルです。そのアクセス手段は電車、車、飛行機など複数あり、様々な場所から気軽に訪れることができます。旅行者にとって便利でアクセスしやすい環境が整っており、リフレッシュや観光を楽しむには打って付けの場所と言えるでしょう。

関連記事:下呂温泉ホテル紗々羅(ささら)へのアクセス

 

「水明館」 下呂温泉

下呂温泉の水明館の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス・口コミ情報
下呂温泉の水明館が持つ魅力に迫るために、実際に宿泊された方々の貴重な口コミを集約しました。部屋の様子や温泉、食事、アクセス情報など、訪れた方々が感じたリアルな体験を通じて、水明館の真実に迫ります。下呂温泉を代表する水明館は、その古き良き情緒とホスピタリティ溢れるサービスが評価されています。

関連記事:下呂温泉の水明館の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス・口コミ情報

 

「望川館(ぼうせんかん)」 下呂温泉

下呂温泉望川館(ぼうせんかん)の特徴!日帰りプランや部屋の様子・温泉・食事・口コミ・アクセス情報
下呂温泉望川館(ぼうせんかん)は、家族やカップルに人気の宿として知られています。豊富な設備や心地よいサービスが魅力で、日帰りプランから宿泊まで幅広いニーズに応えています。客室の様子や温泉、食事に至るまで、望川館の魅力を余すことなく紹介します。

関連記事:下呂温泉望川館(ぼうせんかん)の特徴!日帰りプランや部屋の様子・温泉・食事・口コミ・アクセス情報

 

「ホテルくさかべアルメリア」 下呂温泉

「下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス・口コミ情報
日本有数の温泉地、下呂温泉に位置する「ホテルくさかべアルメリア」。その魅力は、部屋の心地よさや温泉、食事の質、アクセスの良さなど多岐にわたります。本記事では、このホテルの特長や魅力に焦点を当て、滞在者の口コミ情報も交えながら詳細に探っていきます。

関連記事:「下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス・口コミ情報

 

「山形屋」 下呂温泉

下呂温泉山形屋の貸切風呂と浴衣体験!朝食や口コミで人気の理由
下呂温泉山形屋は、豊かな自然環境に囲まれた温泉旅館として知られています。部屋からは四季折々の美しい景色が楽しめ、落ち着いた和の雰囲気が心身を癒してくれます。また、源泉掛け流しの温泉は旅の疲れを癒し、料理では地元の食材を活かした季節感溢れる会席料理が楽しめます。

関連記事:下呂温泉山形屋の貸切風呂と浴衣体験!朝食や口コミで人気の理由

 

「湯之島館」 下呂温泉

「下呂温泉 湯之島館」の特徴!温泉や部屋の様子・食事・口コミ・アクセス情報
地元名湯・下呂温泉で優雅なひとときを過ごすなら、「下呂温泉 湯之島館」がおすすめです。湯之島館は、温泉街の中心部に位置し、部屋からは四季折々の美しい景色が広がります。その充実した温泉と贅沢な食事が評判を呼び、多くの旅行者から支持されています。

関連記事:「下呂温泉 湯之島館」の特徴!温泉や部屋の様子・食事・口コミ・アクセス情報

 

下呂温泉へのアクセス東京出発編

下呂温泉へのアクセス東京出発編
旅行先として人気の高い下呂温泉へのアクセス方法は、旅の醍醐味の一つです。特に東京からのアクセスは多くの方にとって気になるポイントでしょう。この記事では、下呂温泉への東京からの出発方法や交通手段に焦点を当て、効率的かつ快適な旅のポイントを紹介します。

関連記事:下呂温泉へのアクセス東京出発編

 

名古屋駅から下呂駅への電車旅!豊かな自然を巡る

名古屋駅から下呂駅への電車旅!豊かな自然を巡る
名古屋駅から下呂温泉への電車旅は、四季折々の美しい風景を巡りながら、心と体をリフレッシュできる人気の旅行プランです。名古屋駅をスタートし、雄大な自然や歴史的な建造物が彩るルートを進むことで、日常の喧騒を忘れ、下呂温泉でのんびりとした時間を過ごすことができます。本記事では、名古屋から下呂温泉までの電車旅で見逃せないポイントや楽しみ方について紹介しています。

関連記事:名古屋駅から下呂駅への電車旅!豊かな自然を巡る

 

「結の庄(共立リゾート)」 岐阜県大野郡白川村

結の庄(共立リゾート)の特徴!部屋の様子や温泉・食事・口コミ・アクセス情報
結の庄(共立リゾート)は、日本有数のリゾート地として知られ、豊かな自然に囲まれた静かな場所に位置しています。この記事では、結の庄の口コミに焦点を当て、部屋の様子や温泉、食事、アクセス情報などを詳しく紹介していきます。

関連記事:結の庄(共立リゾート)の特徴!部屋の様子や温泉・食事・口コミ・アクセス情報

 

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行コンシェルジュをフォローする
岐阜県
家族旅行コンシェルジュをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました