この記事にはプロモーションが含まれています

萩の松陰神社のみどころ

萩市に立ち寄ること機会がありましたので、萩で一番有名な松陰神社を訪問しました。萩市での研修終了後に訪問したので、17時前の到着になりました。
萩・松陰神社周辺の地図を示しておきます。


松陰神社入り口です。


萩の松陰神社について

社務所横を通り過ぎると学びの道と表参道の分かれ道に来ます。

平成29年、松下村塾をはさんで松陰神社参道の反対側に位置する全長わずか80mほどの小径が「学びの道」と名付けられています。
萩・松陰神社は明治維新胎動の地として高名ですが、境内にある数々の維新の痕跡についてあまり多く語られていません。
学びの道は、魅力ある散歩道として整備しながら、松下村塾を通じて学びと行動の大切さを学んだ人々の痕跡を掘り起こし、歩きながら温故知新を感じる新名所となっています。わずかな距離なれどその意図を石碑や句碑を見ることでその思いを強く感じました。

この石碑は、学びの道の石碑の向かいに建てられています。

新たな名所の魅力づくりとして句碑が新設されています。
吉田松陰先生が残された珠玉の言葉のなかから25句が選出されています。
それを1m程度の句碑として「学びの道」の両側に新設されました。
上の画像の参道の脇に立てられているものです。
選者は萩・松陰神社の名誉宮司・上田俊成氏で明治150年(平成30年)、吉田松陰先生殉節160年(時期改元年)に完成したそうです。

授与所前に、松陰神社内の案内図があります。
この案内図からすると、表参道から回って、参拝した後、学びの道に入るのが正しいルートのようです。
わたしは、松下村塾がお目当てだったので、逆回りをしてしまいました。

松下村塾について

松下村塾(しょうかそんじゅく)は、江戸時代末期に山口県萩市に設立された私塾で、尊王攘夷思想を基盤とした教育を行い、多くの有志を育成したことで知られています
上の画像は、松下村塾の入り口になります。

松下村塾は、当時の庶民的な住宅に倣って作られており、茅葺きの屋根(現在は、瓦屋根になっています。)や縁側が特徴的です。内部には、松陰自身が使用した机や、吉田家の家宝である膳などが展示されています。

また、小屋の周りには、吉田松陰が愛用した松の木が植えられており、松陰の思想や人格を象徴する場所として多くの人々に愛されています

入り口から入って、左側には、松下村塾の案内板があります。

案内板も雨露をしのげるようになっています。

この案内板に書かれたことをまとめると以下のようになります。

松下村塾は、幕末の動乱期に、尊王攘夷を唱え、自由と平等を求める志士によって、1867年(慶応3年)に設立されました。
当時の村は、貧しい農民出身の村人であったが、幼い頃から読書に熱中し、自ら学問を積んでいたといわれています。
自分が学んだ知識を村人たちにも教えることで、自由で民主的な社会を実現するための指導者を育成することを目的として、私塾が開設されました。
松下村塾では、国学・漢学・洋学など、幅広い学問を教え、自己啓発を目指す教育を行いました。
また、松下村自身が大坂で編集した『国民之友』という新聞紙の記事を読み、議論を深める「読書会」も盛んに開かれました。
松下村塾の教育は、地域に限らず全国的に広まり、多くの志士たちが松下村塾に学びに訪れました。
松下村塾は、明治維新の後も存続し、多くの著名人を輩出しました。
しかし、1902年(明治35年)に松下村塾が閉塾となりました。
その後、1925年(大正14年)に、塾舎が萩市に寄贈され、現在は「松下村塾記念館」として一般に公開されています。
松下村塾は、幕末期の志士たちが、自由と平等を実現するために行動した歴史的な出来事であり、現代社会においても、自由・民主主義・人権・平等などの価値観を尊重する教育の重要性を教えてくれる存在として注目されています。

萩の松陰神社の御朱印について

萩の松陰神社では、御朱印を授与しています。
御朱印は、神社を参拝する際にお参りをしていただいた方に、神社のシンボルである朱印を押したお守りのようなものです。
松陰神社の御朱印は、通常の御朱印に加えて、吉田松陰の顔をモチーフにしたオリジナルデザインがあります。
また、吉田松陰の有名な言葉や、志士たちが愛したとされる菊の紋章など、萩の歴史や文化に関連するデザインもあります。
御朱印は、松陰神社の参道入り口にある社務所で授与されています
参拝の際には、まず社務所でお守りやお守り袋、御朱印帳などを購入し、その後に神社本殿でお参りをしてから御朱印をいただく形になります。
ただし、現在の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、御朱印の授与に関しては制限がある場合があります。
事前に松陰神社のホームページなどで確認してから訪れることをおすすめします。
萩の松陰神社は多くの参拝者に愛される神社であるため、最近話題の御朱印を求める場合には、マナーやルールを守って、周囲の人々への配慮を忘れないようにしましょう。

萩の松陰神社の御朱印をいただける時間

萩の松陰神社の御朱印は、基本的には境内の社務所で受け付けています。
御朱印は、基本的には午前9時から午後4時までの間が、受け付け時間です。
ただし、年末年始や祭日などの場合は、受け付け時間が変更される場合があります。
また、人気のある御朱印は、混雑する場合があるため、時間帯によっては待ち時間が発生することがあります。
なお、御朱印を受け取る際には、参拝者自身が手帳や帳面を持参する必要があります。
また、御朱印の受け渡しには、一定の手数料が必要となります。
詳しい手数料については、公式サイトや問い合わせ先で確認することをおすすめします。
萩の松陰神社は多くの参拝者に愛される神社であるため、最近話題の御朱印を求める場合には、マナーやルールを守って、周囲の人々への配慮を忘れないようにしましょう。

萩松陰神社の傘おみくじについて

萩の松陰神社では、通常のおみくじに加えて、傘おみくじというものがあります。
傘おみくじは、従来のおみくじと同じく、神社で引くことができますが、開くと傘になっているという特徴があります。
傘おみくじは、普通のおみくじと同じように、おみくじ箱から引くことができます。
引いた後、おみくじを開くと、中に傘が入っています。
傘には、おみくじの結果が記されています。
傘おみくじは、吉田松陰が使用していたとされる傘をモチーフにしたもので、吉田松陰の精神を讃える意味が込められています。
傘おみくじは、萩の松陰神社ならではのおみくじであり、お土産としても人気があります。
傘おみくじは、天候によっては開きにくいこともありますので、晴れの日に訪れることをおすすめします。
また、傘おみくじを引いた後は、持ち帰りができますので、思い出に残るおみくじとして楽しめます。

萩の松陰神社近くのランチについて

萩の松陰神社周辺には、ランチを楽しめるお店がいくつかありますが、とっておきのお店を紹介します。松陰神社の敷地の中になる食事処、その名もズバリ「松陰食堂」です。
なお境内には休憩所があり、お弁当などを持参して食事をすることもできます。
ただし、食事の際には、食べかすやゴミを持ち帰るように注意することが大切ですね。

松陰食堂

松陰食堂は、松陰神社の境内にるお店です。
看板メニューでもある、柚子味噌味の名物「松陰だんご」や「夏みかんソフト」が有名です。
観光シーズンには、多くのお客さんで賑わうお店です。
基本的に、年中無休という営業スタイルだそうです。
ただし、わたしが訪問したときは、閉店していました。
バスの駐車もゼロ、参拝客もほぼゼロといったところでした。
おそらく参拝者がいなくなったら、閉店するのかもしれません。
境内入って右側建物の手前1~2軒目は、お土産屋さんで、3番目が目的の松陰食堂です。

お店は、上の画像をアップにするとわかるかと思います。
そこが、松陰食堂になります。
ちなみに、一番手前のお店では山口県の日本酒として、全国的に有名な「獺祭」を購入可能です。

萩の松陰神社の駐車場について

萩の松陰神社には、有料の駐車場があります。以下は駐車場に関する情報です。
駐車場は、松陰神社の東側に位置しています。
普通車用の駐車スペースが約120台、大型バス用のスペースが3台あります。
また、バイク用の駐車場もあります。

上の画像は、バスの駐車場です。シーズンならほぼ満車になります。
当然自家用車を駐車することはできません。バス専用の駐車場になります。

こちらが、松陰神社の入り口になります。
さらに奥に入ると左右に駐車場があります。

私が松陰神社に伺ったときは、係員の方が中に駐車してもよいと声をかけてくれたので、お言葉に甘えて、無料で駐車させてもらいました。
本来は、職員あるいは出入りの業者様の車両用かと思われます。

料金は、普通車が1回500円、大型バスが1回1,500円です。
なお、駐車場は24時間利用できますが、夜間に利用する場合には、周辺住民の方々への配慮として、車内での宿泊は禁止されています。
また、毎年11月から3月にかけては、駐車場が閉鎖される場合があります。
詳細については、事前に公式サイトや問い合わせ先で確認することをおすすめします
なお、近隣には、有料の民間駐車場や路上駐車場もありますが、混雑時には駐車場が満車となることもあるため、早めの到着をおすすめします。

まとめ

萩の松陰神社は、山口県萩市にある神社で、幕末の志士・吉田松陰を祀っています
吉田松陰は、幕末の動乱期において、国のために尽力し、武士道や教育思想などに関する著書や書簡を残しました。
彼の教えや精神は、日本の近代化に大きな影響を与えたとされています。
松陰神社は、吉田松陰が生まれた家があった場所に建てられており、彼の遺品や書簡、肖像画などが展示されています。
また、毎年9月には、吉田松陰の命日にあたる「祭典行事」が行われ、多くの人々が訪れます。
松陰神社は、吉田松陰の人格や思想を讃え、彼の志を継ぐ人々の精神的拠り所となっています。
また、松陰神社周辺には、萩市内に残る史跡や文化財が多くあり、歴史や文化に興味のある人にとっても、訪れる価値がある場所です

訪問した当日は、あいにくの雨のため、そして17時前だったので、観光客はほぼゼロ。
本来なら有料駐車場に車を駐車をしないといけなかったのですが、駐車場の場所を受付の方に尋ねたら、その辺に駐車してもよいですよといわれたので、境内の中に停めさせてもらえました。
とりあえず、お参り、松下村塾の見学を終え、温かいものでもと思っていたのですが、境内を1周して社務所近くの売店に行くと、無情にも売店のカーテンが引かれていました。
時間帯にもよりますが、訪問時間もしっかり確保して行かれることをオススメします。

なおスマートフォン用のガイドアプリがあるので、いつでもガイドさんの説明を聞くことができます。
ダウンロードにかかる費用はお客様負担になります。
コレは、当然のことかと思いますが、次の記述が気になります。(笑)
「Wi-Fi環境でのダウンロードをお勧めします。」
もしかしたら、フリースポットがあるのかもしれませんが、わたしは気付きませんでした。
次回訪問した時に、社務所で確認してみようと思います。

近くのホテル

2018年12月6日リニューアルオープン!交通の拠点東萩駅は徒歩3分。世界遺産登録「松下村塾」は車で5分

 

低料金で高品質なビジネスホテル!(B&Bスタイル)

 

東萩駅徒歩3分、焼きたてパンの朝食が人気

 

女性専用(women only)

「山口県の主な観光地やホテル」関連リンク

ニューヨーク・タイムズが「2024年に行くべき52か所」を発表しました。

その中で、日本からは、山口県山口市が選ばれました
山口市は「西の京都」とも呼ばれ、過度な観光客に悩まされることが少ないコンパクトな都市と紹介されています。
これにより、山口市への海外からの注目が高まることが期待されます。

ニューヨーク・タイムズは毎年、世界各地の都市や地域を紹介しており、その年に行くべき旅行先として注目を集めています。
また、ニューヨーク・タイムズのホームページによると、山口市は世界の旅行先の中で3番目に取り上げられています。
この中で、北アメリカで見られる皆既日食やフランス・パリに続いての第3位となっています。

山口市は「西の京都」と呼ばれており、観光客の増加による悩みが少ないコンパクトな都市として紹介されています。
これにより、海外からの注目が高まることが期待されています。

ここでは、山口市から車で90分以内で訪問することができる観光地を紹介します。

 

松陰神社 山口県萩市

山口県萩市にある松陰神社は、幕末の思想家・教育者である吉田松陰と、その門人である伊藤博文や山縣有朋、松下村塾の生徒を祭神とする神社です。

学問の神として崇敬を集めています

境内には世界遺産の「松下村塾」「吉田松陰幽囚ノ旧宅」など吉田松陰にまつわる史跡が残る萩を代表する歴史スポットです。

萩の松陰神社のみどころ
萩市に立ち寄ること機会がありましたので、萩で一番有名な松陰神社を訪問しました。萩市での研修終了後に訪問したので、17時前の到着になりました。 萩・松陰神社周辺の地図を示しておきます。 松陰神社入り口です。

 

錦帯橋 山口県岩国市

錦帯橋(きんたいきょう)は、山口県岩国市の錦川(岩国川)に架かる木造アーチ橋です。
5つのアーチ橋を連ねた長さ196mの橋で、山梨県の猿橋、木曾の桟橋(現存しない)とともに日本三奇橋の一つに数えられています。

関連記事:錦帯橋の目の前!周辺のホテルで温泉と地元料理を堪能

錦帯橋の目の前!周辺のホテルで温泉と地元料理を堪能
錦帯橋といえば、山口県岩国市にある日本を代表する名所です。 錦帯橋は、美しい自然景観と歴史的意義から日本三大名橋のひとつに数えられています。 また、ユネスコにも認定されており、錦帯橋を世界遺産にという声も大きくなっています。 錦帯橋は、錦川...

 

海響館 山口県下関市

海響館(かいきょうかん)は、山口県下関市にある水族館です。
2001年4月1日に開業し、指定管理者制度により公益財団法人下関海洋科学アカデミーが管理・運営しています。
海響館は、下関の成り立ちが海と深く関わってきたことから、「海のいのち・海といのち」をメインコンセプトにしています。
水の生き物たちの生態を通じ、自然と人間の係わり合いや生命のすばらしさ、自然保護の大切さについて学ぶことができます。

関連記事:海響館近くのホテルで素敵な旅の思い出をつくろう!

海響館近くのホテルで素敵な旅の思い出をつくろう!
海響館は、山口県下関市にある水族館です。 海響館では、水の生き物たちの生態を通じ、自然と人間の係わり合いや生命のすばらしさ、自然保護の大切さについて学ぶことができます。 海響館では、下関らしい展示として世界一の種類数を誇るフグの展示や、国内...

 

秋吉台サファリランド 山口県美祢市

秋吉台サファリランドは、山口県美祢市にあるサファリパーク形式の動物園です。
大自然の中で、野生本来の動物たちの姿を間近で楽しめるテーマパークです。

約60種600頭羽あまりの動物たちが自然に暮らす姿を、自家用車や園内エサやりバスでまわって観察できます。
動物ふれあい広場では、カピバラや犬などと触れ合うこともできます。

小さいお子様連れに人気の観光スポットです。

関連記事:秋吉台サファリランド周辺ホテルの口コミ評価から探すおすすめ宿泊施設

秋吉台サファリランド周辺ホテルの口コミ評価から探すおすすめ宿泊施設
秋吉台サファリランドは、山口県美祢市にある動物園と遊園地を併設したレジャースポットです。 サファリランドでは、迫力ある動物たちの出会いがあり、かわいい動物たちにもふれることができます。 えさやりバス(有料)を利用するとライオンやシマウマなど...

 

秋芳洞 山口県美祢市

秋芳洞(あきよしどう)は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100~200mにある鍾乳洞です
全長は約8.8キロメートルあり、鍾乳洞としては日本最大規模の大きさです。

秋芳洞は特別天然記念物に指定されており、洞内の総延長は10kmを超える国内最大級です。
約1kmに及ぶ観光コースでは、長い年月をかけて生み出された自然の造形美の数々を目にすることができます。

関連記事:秋芳洞周辺のおすすめホテル!地元民が厳選した隠れ家3選

秋芳洞周辺のおすすめホテル!地元民が厳選した隠れ家3選
秋芳洞(あきよしどう)は、美しく壮大な自然の魅力にあふれたスポットです。 秋芳洞は、秋吉台国定公園の地下100m、その南麓に開口する日本屈指の大鍾乳洞です。 秋芳洞の観光コースは約1km、総延長は11.2kmを超え国内第2位となっています。...

 

瑠璃光寺 山口県山口市

瑠璃光寺(るりこうじ)は、山口県山口市にある曹洞宗の寺院です
国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。

瑠璃光寺は、大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所となっています

瑠璃光寺の五重塔は、山口を拠点にかつて西国一の力を持った大名・大内義弘を弔うために1442年に建てられました。
奈良の「法隆寺五重塔」、京都の「醍醐寺五重塔」とともに日本三名塔に数えられています
瑠璃光寺周辺のおすすめホテル!日本庭園と露天風呂を楽しもう
山口市にある瑠璃光寺は、大内氏前期全盛の頃、25代大内義弘が現在の香山公園に建立した香積寺を、毛利輝元が萩に引寺し、その跡地に仁保から移築したお寺です。 瑠璃光寺では、国宝でもある五重塔が有名で、全国に現存する屋外の五重塔のうちで10番目に...

 

角島大橋 山口県下関市

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と豊北町角島を結ぶ全長1,780mの橋です。
2000年に開通した当時は、無料で渡れる一般道路の離島架橋としては国内最長の橋梁でした。

角島大橋は、コバルトブルーの海の上を走る美しいさまが角島観光のシンボル的存在として知られており、絶景スポットとして人気を集めています

橋の両端に整備された公園は、撮影ポイントに適しています。

橋の通行は徒歩や自転車でも可能で、車だと3分ほどで角島まで渡ることができます。

角島周辺ホテル3選!安らぎと美食を堪能
角島大橋は、山口県下関市豊北町と角島を結ぶ全長1,780メートルの離島架橋で、2000年11月3日に開通しました。 この橋は、当地の観光名所であり、角島観光のシンボル的存在となっています。 透き通るエメラルドグリーンの海や、橋の途中に浮かぶ...

 

元の隅神社 山口県長門市

元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)は、山口県長門市油谷にある神社です。
昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に現れた白狐のお告げにより建立されました。
元乃隅神社は、商売繁盛、大漁、海上安全をはじめ、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就などのご利益があるといわれています。
元乃隅神社は、昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ姿が圧巻です。
赤い鳥居、青い海、緑の大地のコントラストが美しい、世界も注目する絶景が自慢の神社です

関連記事:元の隅神社周辺ホテル!自然豊かな山口県へ行こう

元の隅神社周辺ホテル!自然豊かな山口県へ行こう
元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に現れた白狐のお告げにより建立されました。 昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が100m以上にわたって並ぶ景色はまさに圧...

 

防府天満宮 山口県防府市

防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、山口県防府市にある神社です
学問の神様として崇敬を集める菅原道真公を祀っており、京都の北野天満宮福岡の太宰府天満宮とともに日本三天神とも呼ばれています。
防府天満宮は、社伝によると西暦904年(延喜4年)に創建されました。
菅原道真公が京都から太宰府に左遷される途中に立ち寄ったのが縁で、道真公の御霊をお祀りした日本最初の天満宮です

関連記事:防府天満宮周辺ホテル!高コスパビジネスホテル3選

防府天満宮周辺ホテル!高コスパビジネスホテル3選
防府天満宮は、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社です。 受験シーズンには、多くの参拝者が訪れ、合格祈願の絵馬が山のように奉られます。 特にお正月三が日の初詣では、境内で身動きができなくなるほどです。 防府天満宮は、全国に約12,0...

 

常盤公園 山口県宇部市

ときわ公園は、山口県宇部市にある総合公園です

常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた公園で、面積は約189ha(東京ドーム40個分)です。

常盤湖は2016年に「世界かんがい施設遺産」に登録されました。
公園内には、国内で初めて全園に生息環境展示を取り入れた「ときわ動物園」や、アトラクションいっぱいの「ときわ遊園地」、世界の植物が集まる植物館、石炭記念館などがあります。

関連記事:常盤公園周辺のホテル!ここは山口県宇部市です♪

ときわ公園周辺のホテル!ここは山口県宇部市です♪
常盤公園は面積約100haにおよぶ常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた総合公園です。 広大な園内は四季折々の自然美に彩られ「日本の都市公園100選」や「さくら名所100選」・「美しい日本の歩きたくなるみち500選」、しょうぶ苑が「池坊...

 

岩国城 山口県岩国市

岩国城周辺の旅行を計画している方々におすすめの高級ホテルをご紹介します!

半月庵白為旅館、そして岩国国際観光ホテルは、岩国城の美しい景観を一望できる絶好のロケーションに位置しています。

半月庵は、歴史的な建築物を活かした趣のある宿です。
白為旅館は、日本の伝統的なおもてなしを体験できる宿泊施設で、落ち着いた雰囲気が魅力です。
岩国国際観光ホテルは、洗練されたモダンな雰囲気と豪華な設備が自慢です。

本記事では、それぞれのホテルの魅力やレビューを詳しくご紹介します。岩国城周辺で快適な滞在を過ごしたい方は、ぜひチェックしてみてください!

関連記事:「岩国城」周辺のおすすめ高級ホテル!半月庵と白為旅館と岩国国際観光ホテルレビュー

「岩国城」周辺のおすすめ高級ホテル!半月庵と白為旅館と岩国国際観光ホテルレビュー
岩国には魅力的なホテルが数多くあります。その中でも特に高級感溢れるホテルとして知られるのが「半月庵」と「白為旅館」です。どちらも岩国の観光名所である岩国城や錦帯橋から近い立地にあり、豪華な客室や上質なサービスで訪れる人々を魅了しています。岩国国際観光ホテルもまた、快適な宿泊環境やリラックスできる温泉が自慢です。
\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
山口県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました