この記事にはプロモーションが含まれています

海響館近くのホテルで素敵な旅の思い出をつくろう!


海響館
は、山口県下関市にある水族館です。
海響館では、水の生き物たちの生態を通じ、自然と人間の係わり合いや生命のすばらしさ、自然保護の大切さについて学ぶことができます。
海響館では、下関らしい展示として世界一の種類数を誇るフグの展示や、国内では珍しいイルカとアシカの共演ショーの開催、ペンギンたちがいきいきと生活する姿や群れで泳ぐ姿をご覧いただくイベントなどが実施されています。

多くの修学旅行生が訪れることからも、ここ海響館は教育的見地からもオススメのスポットです。
夏休みの自由研究のネタにもなりますので、家族旅行を兼ねて行ってみるといいですね。
そんな海響館周辺には、素敵なホテルが数多くあります。
これから、利用者から高い評価を受けている、おしゃれで快適なホテルを3つご紹介します。

海響館が目の前!徒歩たった3分「下関グランドホテル」

とにかく海響館に近いところがよいとお考えの方におすすめのホテルは、「下関グランドホテル」です。
ホテルの玄関を出ると、上の地図でもわかるように、徒歩3分で、海響館に到着します。
ホテル前から見える観覧車を目印にすると迷わないかと思います。
連休やシーズンによっては、海響館前の駐車場がいっぱいになります。
そんなときは、このホテルより遠い駐車場に行かなければなりません。
海響館と駐車場が近いというのは、大きなメリットですね。
「ふぐ」のことを下関では、「ふく」と言われています。
食用として取引される「ふく」の中では、最高級とされる「とらふぐ」を存分に楽しめるふく会席がご予算に応じて用意されています。
ホームページでは、お子様用の食事が掲載されていませんが、お電話で確認したところ、お子様ランチを1850円で、用意できるとのことでした(2023年5月現在)
このホテルは、宿泊とセットになったお得プランがあります。
いろいろなプランがありますが、その中に、『☆水族館につれてって☆ 〜だってペンギンさんに会いたいんだもん♪〜 入場券+朝食付きプラン』があります。
海響館に行くなら、是非利用したいプランです。
海響館以外のプランもありますので、是非下のリンクからご覧下さい。
ホテル名 下関グランドホテル
(読み) しものせき ぐらんどほてる
特 色 目の前は関門海峡☆徒歩圏内に唐戸市場、海響館と便利です♪
料 金 4500円~
住 所 〒750-0006 山口県下関市南部町31-2
電 話 083-231-5000
FAX 083-235-0039
最寄駅 下関
アクセス JR下関から車で5分、JR門司港駅横から船で5分
駐車場 有り 30台 無料
投稿件数 1118件
★の数 (総合): 4.55
楽天ウェブサービスセンター
海響館の入場券とセットになったお得になるプランがあるのは、徒歩3分という立地を生かしたプランかと思います。
お得に、海響館を利用したい方におすすめのホテルは、「下関グランドホテル」です。

ご当地グルメ好き必見!くじら料理を堪能するなら「遊福旅館」

下関は、「ふく」で有名ですが、実は「くじら」でも有名なところです。
日中は海響館で楽しんで、夜はくじら料理を味わいたい方におすすめの宿は、「遊福旅館」です。

「遊福旅館」 から、海響館まで車で3分、バスで7分、徒歩12分(900m)になります。
行楽シーズンは、駐車場待ちになり、バスも混み合います。
お子様連れの場合は、海響館での人手を考えると、タクシーの利用も必要かもしれません。
このあたりの宿では、ふく料理を味わうことができます。
しかし、くじら料理を扱っているのは、海峡館の近くでは、この「遊福旅館」 だけです。
くじらのお刺身やベーコン、くじらのハリハリ鍋など、ここでしか味わえないクジラの郷土料理をお楽しむことができます。
お子様向けには、お子様ランチが用意できるそうです。お値段は、1500円から2000円程度だそうです。ただし、事前の連絡が必要とのことでした。
最近の宿は、洋室が中心になっており、洋室のみの宿も散見されます。
この 「遊福旅館」では、和室も用意されており、畳に座って足を伸ばすということもできます。
ないより落ち着いて、お休みできるかと思います。
お部屋には、お風呂がついていませんが、館内の家族風呂を利用することができます。
・・・・・
ホテル名 遊福旅館
(読み) ゆうふくりょかん
特 色 2019年洋室改装!下関駅車で3分!本格「ふぐ会席」・「鯨会席」の割烹旅館
料 金 4450円~
住 所 〒750-0013 山口県下関市入江町1-2
電 話 083-231-0029
FAX 083-231-0028
最寄駅 下関
アクセス [電車]JR山陽本線 下関駅より徒歩10分または車で3分 [車]中国自動車道 下関ICより約15分
駐車場 有り 6台 無料 要予約 ※満車の場合は近隣のパーキング利用
投稿件数 11件
★の数 (総合): 4.13
楽天ウェブサービスセンター
地元の郷土料理を楽しみたい、和室でくつろぎたいという方におすすめの宿は、「遊福旅館」です。

 清潔感あふれる「天然温泉 海響の湯 スーパーホテルPremier下関」

『旅先での醍醐味は、温泉でしょう』という方におすすめのホテルは、 「天然温泉 海響の湯 スーパーホテルPremier下関」です。

「天然温泉 海響の湯 スーパーホテルPremier下関」 は、2019年10月30日グランドオープンしたホテルです。
海響館までは車で約6分と好立地です。
ただし、駐車できる車の数に制限があります。
駐車場については、事前に、確認されることをおすすめします。
ここのお風呂は天然温泉で、その効能は、神経痛、冷え性、疲労回復となっています。
天然温泉の香りが脱衣所まで漂い、すてきな浴場で、旅の疲れもしっかりとれると思います。
岐阜県東白川村のブランド材「東濃ヒノキ」の間伐材で作られた洗い場のいすや桶も癒しポイントです。
この宿の特徴は、夕食が用意されていないので、近くの飲食店を利用することになります。
朝食は、お子様だいすき、山口名物瓦そばも堪能できるバイキングです。

また大人に大人気のウェルカムバー(18:00~21:00)も開催されています。
アルコールやソフトドリンクが飲み放題です。
このウェルカムバーがあることで、リピーターになっている方も多いようです。

ホテル名 天然温泉 海響の湯 スーパーホテルPremier下関
(読み) すーぱーほてる ぷれみあしものせき てんねんおんせん かいきょうのゆ
特 色 下関駅から徒歩で約9分!唐戸市場まで車で約5分!男女別天然温泉完備!ウェルカムバー無料!
料 金 3000円~
住 所 〒750-0017 山口県下関市細江新町3-50
電 話 083-229-9000
FAX 083-229-9001
最寄駅 下関
アクセス JR山陽本線「下関駅」徒歩で約9分、「新下関駅」から車で約15分、「下関IC」から車で約10分!
駐車場 敷地内平面駐車場18台のみ※先着順600円/泊、満車の場合は近隣コインパーキングをご案内致します。
投稿件数 422件
★の数 (総合): 4.04
楽天ウェブサービスセンター
温泉で旅の疲れを癒し、ウェルカムバーでさらに疲れをとりたいという方におすすめのホテルは、 「天然温泉 海響の湯 スーパーホテルPremier下関」です。

海響館に近いおすすめホテルのまとめ

海響館周辺には、伝統的な和風旅館や近代的なホテルが数多くあります。
その中で、ホテルから出発したら、海響館をすぐに楽しめる宿を近い順に紹介しました。

上の3つの宿は、どれも海響館に近い宿ですが、それぞれに宿の個性があります。
夕食をどのように楽しむかを考えることで、必然とホテルは決まると思います。
参考にしてみてください。

「山口県の主な観光地やホテル」関連リンク

ニューヨーク・タイムズが「2024年に行くべき52か所」を発表しました。

その中で、日本からは、山口県山口市が選ばれました
山口市は「西の京都」とも呼ばれ、過度な観光客に悩まされることが少ないコンパクトな都市と紹介されています。
これにより、山口市への海外からの注目が高まることが期待されます。

ニューヨーク・タイムズは毎年、世界各地の都市や地域を紹介しており、その年に行くべき旅行先として注目を集めています。
また、ニューヨーク・タイムズのホームページによると、山口市は世界の旅行先の中で3番目に取り上げられています。
この中で、北アメリカで見られる皆既日食やフランス・パリに続いての第3位となっています。

山口市は「西の京都」と呼ばれており、観光客の増加による悩みが少ないコンパクトな都市として紹介されています。
これにより、海外からの注目が高まることが期待されています。

ここでは、山口市から車で90分以内で訪問することができる観光地を紹介します。

 

松陰神社 山口県萩市

山口県萩市にある松陰神社は、幕末の思想家・教育者である吉田松陰と、その門人である伊藤博文や山縣有朋、松下村塾の生徒を祭神とする神社です。

学問の神として崇敬を集めています

境内には世界遺産の「松下村塾」「吉田松陰幽囚ノ旧宅」など吉田松陰にまつわる史跡が残る萩を代表する歴史スポットです。

萩の松陰神社のみどころ
萩市に立ち寄ること機会がありましたので、萩で一番有名な松陰神社を訪問しました。萩市での研修終了後に訪問したので、17時前の到着になりました。 萩・松陰神社周辺の地図を示しておきます。 松陰神社入り口です。

 

錦帯橋 山口県岩国市

錦帯橋(きんたいきょう)は、山口県岩国市の錦川(岩国川)に架かる木造アーチ橋です。
5つのアーチ橋を連ねた長さ196mの橋で、山梨県の猿橋、木曾の桟橋(現存しない)とともに日本三奇橋の一つに数えられています。

関連記事:錦帯橋の目の前!周辺のホテルで温泉と地元料理を堪能

錦帯橋の目の前!周辺のホテルで温泉と地元料理を堪能
錦帯橋といえば、山口県岩国市にある日本を代表する名所です。 錦帯橋は、美しい自然景観と歴史的意義から日本三大名橋のひとつに数えられています。 また、ユネスコにも認定されており、錦帯橋を世界遺産にという声も大きくなっています。 錦帯橋は、錦川...

 

海響館 山口県下関市

海響館(かいきょうかん)は、山口県下関市にある水族館です。
2001年4月1日に開業し、指定管理者制度により公益財団法人下関海洋科学アカデミーが管理・運営しています。
海響館は、下関の成り立ちが海と深く関わってきたことから、「海のいのち・海といのち」をメインコンセプトにしています。
水の生き物たちの生態を通じ、自然と人間の係わり合いや生命のすばらしさ、自然保護の大切さについて学ぶことができます。

関連記事:海響館近くのホテルで素敵な旅の思い出をつくろう!

海響館近くのホテルで素敵な旅の思い出をつくろう!
海響館は、山口県下関市にある水族館です。 海響館では、水の生き物たちの生態を通じ、自然と人間の係わり合いや生命のすばらしさ、自然保護の大切さについて学ぶことができます。 海響館では、下関らしい展示として世界一の種類数を誇るフグの展示や、国内...

 

秋吉台サファリランド 山口県美祢市

秋吉台サファリランドは、山口県美祢市にあるサファリパーク形式の動物園です。
大自然の中で、野生本来の動物たちの姿を間近で楽しめるテーマパークです。

約60種600頭羽あまりの動物たちが自然に暮らす姿を、自家用車や園内エサやりバスでまわって観察できます。
動物ふれあい広場では、カピバラや犬などと触れ合うこともできます。

小さいお子様連れに人気の観光スポットです。

関連記事:秋吉台サファリランド周辺ホテルの口コミ評価から探すおすすめ宿泊施設

秋吉台サファリランド周辺ホテルの口コミ評価から探すおすすめ宿泊施設
秋吉台サファリランドは、山口県美祢市にある動物園と遊園地を併設したレジャースポットです。 サファリランドでは、迫力ある動物たちの出会いがあり、かわいい動物たちにもふれることができます。 えさやりバス(有料)を利用するとライオンやシマウマなど...

 

秋芳洞 山口県美祢市

秋芳洞(あきよしどう)は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100~200mにある鍾乳洞です
全長は約8.8キロメートルあり、鍾乳洞としては日本最大規模の大きさです。

秋芳洞は特別天然記念物に指定されており、洞内の総延長は10kmを超える国内最大級です。
約1kmに及ぶ観光コースでは、長い年月をかけて生み出された自然の造形美の数々を目にすることができます。

関連記事:秋芳洞周辺のおすすめホテル!地元民が厳選した隠れ家3選

秋芳洞周辺のおすすめホテル!地元民が厳選した隠れ家3選
秋芳洞(あきよしどう)は、美しく壮大な自然の魅力にあふれたスポットです。 秋芳洞は、秋吉台国定公園の地下100m、その南麓に開口する日本屈指の大鍾乳洞です。 秋芳洞の観光コースは約1km、総延長は11.2kmを超え国内第2位となっています。...

 

瑠璃光寺 山口県山口市

瑠璃光寺(るりこうじ)は、山口県山口市にある曹洞宗の寺院です
国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。

瑠璃光寺は、大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所となっています

瑠璃光寺の五重塔は、山口を拠点にかつて西国一の力を持った大名・大内義弘を弔うために1442年に建てられました。
奈良の「法隆寺五重塔」、京都の「醍醐寺五重塔」とともに日本三名塔に数えられています
瑠璃光寺周辺のおすすめホテル!日本庭園と露天風呂を楽しもう
山口市にある瑠璃光寺は、大内氏前期全盛の頃、25代大内義弘が現在の香山公園に建立した香積寺を、毛利輝元が萩に引寺し、その跡地に仁保から移築したお寺です。 瑠璃光寺では、国宝でもある五重塔が有名で、全国に現存する屋外の五重塔のうちで10番目に...

 

角島大橋 山口県下関市

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と豊北町角島を結ぶ全長1,780mの橋です。
2000年に開通した当時は、無料で渡れる一般道路の離島架橋としては国内最長の橋梁でした。

角島大橋は、コバルトブルーの海の上を走る美しいさまが角島観光のシンボル的存在として知られており、絶景スポットとして人気を集めています

橋の両端に整備された公園は、撮影ポイントに適しています。

橋の通行は徒歩や自転車でも可能で、車だと3分ほどで角島まで渡ることができます。

角島周辺ホテル3選!安らぎと美食を堪能
角島大橋は、山口県下関市豊北町と角島を結ぶ全長1,780メートルの離島架橋で、2000年11月3日に開通しました。 この橋は、当地の観光名所であり、角島観光のシンボル的存在となっています。 透き通るエメラルドグリーンの海や、橋の途中に浮かぶ...

 

元の隅神社 山口県長門市

元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)は、山口県長門市油谷にある神社です。
昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に現れた白狐のお告げにより建立されました。
元乃隅神社は、商売繁盛、大漁、海上安全をはじめ、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就などのご利益があるといわれています。
元乃隅神社は、昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ姿が圧巻です。
赤い鳥居、青い海、緑の大地のコントラストが美しい、世界も注目する絶景が自慢の神社です

関連記事:元の隅神社周辺ホテル!自然豊かな山口県へ行こう

元の隅神社周辺ホテル!自然豊かな山口県へ行こう
元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に現れた白狐のお告げにより建立されました。 昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が100m以上にわたって並ぶ景色はまさに圧...

 

防府天満宮 山口県防府市

防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、山口県防府市にある神社です
学問の神様として崇敬を集める菅原道真公を祀っており、京都の北野天満宮福岡の太宰府天満宮とともに日本三天神とも呼ばれています。
防府天満宮は、社伝によると西暦904年(延喜4年)に創建されました。
菅原道真公が京都から太宰府に左遷される途中に立ち寄ったのが縁で、道真公の御霊をお祀りした日本最初の天満宮です

関連記事:防府天満宮周辺ホテル!高コスパビジネスホテル3選

防府天満宮周辺ホテル!高コスパビジネスホテル3選
防府天満宮は、学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社です。 受験シーズンには、多くの参拝者が訪れ、合格祈願の絵馬が山のように奉られます。 特にお正月三が日の初詣では、境内で身動きができなくなるほどです。 防府天満宮は、全国に約12,0...

 

常盤公園 山口県宇部市

ときわ公園は、山口県宇部市にある総合公園です

常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた公園で、面積は約189ha(東京ドーム40個分)です。

常盤湖は2016年に「世界かんがい施設遺産」に登録されました。
公園内には、国内で初めて全園に生息環境展示を取り入れた「ときわ動物園」や、アトラクションいっぱいの「ときわ遊園地」、世界の植物が集まる植物館、石炭記念館などがあります。

関連記事:常盤公園周辺のホテル!ここは山口県宇部市です♪

ときわ公園周辺のホテル!ここは山口県宇部市です♪
常盤公園は面積約100haにおよぶ常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた総合公園です。 広大な園内は四季折々の自然美に彩られ「日本の都市公園100選」や「さくら名所100選」・「美しい日本の歩きたくなるみち500選」、しょうぶ苑が「池坊...

 

岩国城 山口県岩国市

岩国城周辺の旅行を計画している方々におすすめの高級ホテルをご紹介します!

半月庵白為旅館、そして岩国国際観光ホテルは、岩国城の美しい景観を一望できる絶好のロケーションに位置しています。

半月庵は、歴史的な建築物を活かした趣のある宿です。
白為旅館は、日本の伝統的なおもてなしを体験できる宿泊施設で、落ち着いた雰囲気が魅力です。
岩国国際観光ホテルは、洗練されたモダンな雰囲気と豪華な設備が自慢です。

本記事では、それぞれのホテルの魅力やレビューを詳しくご紹介します。岩国城周辺で快適な滞在を過ごしたい方は、ぜひチェックしてみてください!

関連記事:「岩国城」周辺のおすすめ高級ホテル!半月庵と白為旅館と岩国国際観光ホテルレビュー

「岩国城」周辺のおすすめ高級ホテル!半月庵と白為旅館と岩国国際観光ホテルレビュー
岩国には魅力的なホテルが数多くあります。その中でも特に高級感溢れるホテルとして知られるのが「半月庵」と「白為旅館」です。どちらも岩国の観光名所である岩国城や錦帯橋から近い立地にあり、豪華な客室や上質なサービスで訪れる人々を魅了しています。岩国国際観光ホテルもまた、快適な宿泊環境やリラックスできる温泉が自慢です。
\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
山口県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました