この記事にはプロモーションが含まれています

浅虫水族館近くのホテル!格安で温泉つき


浅虫水族館
は、青森県内で最も大きな水族館として知られ、世界中からたくさんの観光客が訪れます。
浅虫水族館は、自然に恵まれた青森県に生息するものをはじめとした、多様な水生生物を約300種8,000点展示している本州最北端の水族館です。
浅虫水族館の見どころのひとつは、「むつ湾の海」を再現した長さ15mのトンネル水槽です。
このトンネルでは、ホタテなどの養殖の様子や陸奥湾に生息する生き物達を間近で観察することができます。
浅虫水族館で大人気のイルカパフォーマンスは、屋内プールで一年中開催されています。
津軽三味線やねぶた囃子をイメージした音楽に合わせたイルカたちのダイナミックなジャンプパフォーマンスは青森ならではです。
浅虫水族館には、ペンギンやアザラシなどが水中で泳ぎまわる姿を間近で見ることが出来る「海獣館」やイルカを間近で見られる「いるか館」があります。
また海の生き物を直接手にとって観察出来る「タッチコーナー」もあります。
このコーナーは夏休みの自由研究のネタにもなるので、おすすめです。

浅虫水族館のある浅虫地区には、1200年以上の歴史があり、古くから青森の温泉地として知られる浅虫温泉があります。
浅虫水族館近辺の浅虫温泉は、観光地として賑わい、「東北の熱海」、「青森の奥座敷」などと呼ばれ、夏泊半島の基部に位置し、浅虫夏泊県立自然公園の一角を成しています。
青森駅から車や電車で約30分とアクセスも良好です。
この浅虫地区では、浅虫水族館見学だけでなく、海水浴やカヤック、釣りなどの海のレジャーも堪能できるので、浅虫水族館見学後のことも考えておくとよいと思います。

この記事では、ファミリー向けのホテルを紹介したいと思います。

浅虫水族館近くのホテルで津軽三味線を堪能「浅虫温泉 南部屋・海扇閣」

五感で青森を体感したいなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 南部屋・海扇閣(なんぶや・かいせんかく)」です。

浅虫水族館は、「浅虫温泉 南部屋・海扇閣(なんぶや・かいせんかく)」 から、お車で3分の位置にあります。
このホテルには、60台の駐車スペースがあります。
駐車料金は、宿泊者無料ですが、先着順となっています。

このホテルでは、いろいろなタイプの宿泊プランが用意されています。
どのお部屋も5名様まで宿泊できるので、ご家族様にも安心です。
また海側と山側で宿泊料金が違うので、そこはご予算と相談になります。

このホテルの最大の特徴をお伝えします。
このホテルでは、「津軽弁」を交えた迫力の津軽三味線のライブが毎晩開催されています。
小学校高学年なら、和楽器の授業もありますので、これも自由研究の素材になると思います。

ホテル名 浅虫温泉 南部屋・海扇閣(なんぶや・かいせんかく)
(読み) あさむしおんせん なんぶや・かいせんかく
特 色 1階ロビーにて津軽三味線ショー毎晩開催
料 金 13200円~
住 所 〒039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷31
電 話 017-752-4411
FAX 017-752-3314
最寄駅 浅虫温泉
アクセス 青い森鉄道 浅虫温泉駅より 徒歩約2分。
駐車場 有り 60台 宿泊者無料(先着順)
投稿件数 882件
★の数 (総合): 4.41
楽天ウェブサービスセンター

目で、耳で、舌で青森を体感したいのなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 南部屋・海扇閣(なんぶや・かいせんかく)」です。

浅虫水族館近辺のホテル!格安宿は「浅虫温泉 宿屋つばき」

宿泊をリーズナブルにとお考えなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 宿屋つばき」 です。

浅虫水族館は、「浅虫温泉 宿屋つばき」 から、お車で3分の位置にあります。
潮風にあたりながらのドライブも心地よいものです。
このホテルには、40台の無料駐車スペースがあり、先着順となっています。

このホテルのプランでは、夕食はすべてオプションになっています。
素泊まりが基本となり、ナポリンタンや焼き肉飯、地元根菜の牛スジ丼を部屋食でいただくこともできます。
また地元のお寿司屋さんで、にぎり寿司や海鮮丼を味わうこともできます。

このホテルのお風呂は、すべて貸し切り風呂になっており、浅虫温泉事業協同組合より温泉が引かれています。
このホテルの温泉は、宿泊客にはうれしい『かけ流し』で、循環装置は使用されていません。
このお風呂は、すべて予約制なので、事前に「浅虫温泉 宿屋つばき」 と要相談です。

ホテル名 浅虫温泉 宿屋つばき
(読み) あさむしおんせん やどや つばき
特 色 浅虫温泉駅より徒歩1分。3つの貸切風呂と大浴場がある素泊まりの宿。
料 金 4750円~
住 所 〒039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷25
電 話 017-752-2001
FAX 017-752-3366
最寄駅 浅虫温泉
アクセス 青い森鉄道「浅虫温泉駅」より徒歩1分/東北自動車道・青森東ICより10分
駐車場 有り 40台 無料 先着順
投稿件数 482件
★の数 (総合): 4.4
楽天ウェブサービスセンター

ご家族の好みの夕食をとることができ、宿泊をリーズナブルにとお考えなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 宿屋つばき」 です。

浅虫水族館付近の温泉ありホテル!歴史を感じる「浅虫温泉 椿館」

400余年の歴史を感じたいなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 椿館」です。

浅虫水族館は、「浅虫温泉 椿館」から、お車で6分の位置にあります。
伝統を感じさせるホテルの入り口が、来るものを歓迎してくれます。
このホテルには、35台の無料駐車スペースがあり、先着順となっています。

棟方志功は、青森に生まれた世界的な板画家です。
このホテルには、静養で来られていたので、仕事の板画の道具はもってこられなかったのですが、制作意欲が湧くものですから色んな作品を制作され、このホテルに置いて行かれたそうです。
このホテルにある作品のほとんどが直筆画なので、版画に興味がある方にはたまらないホテルです。
また造形に関心のあるお子さまでしたら、興味関心を高めることができるでしょう。

ここの温泉「椿の湯」は、9本の自家泉源から湧き出る単純温泉で美肌効果があり、湯冷めしにくいといわれています。
お風呂の種類も、大浴場、寝風呂、うたせ湯、露天風呂があり、お風呂の中でもいろいろな形で温泉を楽しむことができます。
ベビー用のマットやバス、お子様用の洗面器や湯桶が用意されているのもご家族様にはポイントですね。

ホテル名 浅虫温泉 椿館
(読み) あさむしおんせん つばきかん
特 色 棟方志功ゆかりの宿 浅虫温泉の源泉の宿
料 金 10900円~
住 所 〒039-3501 青森県青森市浅虫内野14
電 話 017-752-3341
FAX 017-752-3483
最寄駅 浅虫温泉
アクセス 青い森鉄道「浅虫温泉駅」下車 / 東北自動車道 青森東ICより15分 / 青森空港より50分
駐車場 有り 35台 無料 先着順
投稿件数 458件
★の数 (総合): 4.51
楽天ウェブサービスセンター

温泉につかりながら400余年の歴史を感じ、美術鑑賞もお考えなら、おすすめのホテルは「浅虫温泉 椿館」です。

浅虫水族館に近いおすすめホテルのまとめ

浅虫水族館周辺には、伝統的な和風旅館や近代的なホテルが数多くあります。
その中で、ホテルから出発したら、浅虫水族館での鑑賞をすぐに楽しめるホテルを近い順に紹介しました。

どのホテルも、浅虫水族館からお車で5分程度の位置にありますが、そのホテルにも個性があります。
宿泊代は多少高価にはなりますが、五感で青森の文化と感じることができるホテル、美術館にはない棟方志功の作品を鑑賞できるホテルがあります。
ご家族の要望を自分で組み立てることができるリーズナブルなホテルもあります。

また浅虫温泉近くには、湯の島を正面に臨む浅虫の新名所、海水浴場「サンセット・ビーチあさむし」があり、そこで海水浴ができるのも、夏休みならではです。
夏休み中は、日差しが厳しいかもしれませんが、浅虫海づり公園でつりを楽しむことができます。
つり竿のレンタルもあり、手ぶらでつりができるのもうれしいポイントです。
それにつり上げた魚は宿泊先の旅館で料理してもらい食べることができるそうです。
子どもたちが喜ぶ姿が目に浮かびますね。

浅虫水族館の周辺では、いろいろなことが体験できます。
ご家族でどのようなことを体験したいかをふまえ、気に入ったホテルを選んで下さいね。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
青森県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました