この記事にはプロモーションが含まれています

菊鹿ワイナリーが紡ぐ、偉大なヴィンヤードの物語

そこでしか買えないワインがあります。
一人につき1本しか買えない菊鹿ワイン!
赤色のスパークリングワインはめずらしい夏に冷やすと飲むとおいしいらしいです。
キッチンカーが着ていた。昼食が食べれるなどのイベントがありました。


菊華ワイナリーは、普通のワイナリーではありません。丁寧に手入れされたブドウの木から、芸術的なボトルのデザインまで、完璧なワインを生み出すことを誇りにしているのです。最高品質のワインを造るという彼らのストーリーに欠かせないのは、ブドウの木の成長過程を注意深く管理するというコミットメントです。植樹から最終的な瓶詰めまで、すべての工程が最高品質のワインを生み出すために正確に行われています。

菊華ワイナリーの誕生とおいしいワインへの情熱

菊鹿ワイナリーは、菊鹿町と山鹿市にある特徴的なブドウ畑から、年間を通して手摘みで収穫されたブドウから最高品質のワインを造るという一つの目標を持って2018年にスタートしました。葡萄は、最適な熟度を保つために畑で厳選され、育てられ、持続可能な方法で生産され、鮮度と風味を保つために細心の注意を払って扱われます。また、菊鹿ワイナリーの品質へのこだわりは、フランスから最高級のワイン醸造設備を輸入し、ハイエンドなワイン醸造技術を自社の製造工程に導入することにあります

菊華で育つぶどうの魅力と栽培の秘密

菊華ワイナリーのブドウは、1.5ヘクタールの畑で栽培されています。栽培されているブドウの品種は、シャルドネ、ピノ・ノワール、メルロなどです。このブドウ畑には、世界的にも貴重なブドウが栽培されています。菊華で栽培される高品質なブドウの秘密は、畑で年間を通して行われる丁寧な選別、栽培、温度管理です。これらの特別な技術によって、ブドウの熟度、味、香りのすべてが維持・保存されているのです。

自社畑のブドウの収穫から瓶詰めまで

10月下旬から12月下旬まで続く収穫期、ステンレスタンクでの熟成、ワインの味と香りを閉じ込めた最後の瓶詰めまで、ワイン造りの各工程は細心の注意を払って行われています。収穫期の活動の一環として、ワイナリーではツアーやテイスティングを開催し、来場者に生産工程をより深く知ってもらうとともに、1本1本のワインの特徴的な味を発見してもらうことを考えられています。

菊華ワインが受賞した数々の賞と、国内外で高く評価される理由

菊華ワイナリーのワインは、国内外から高い評価を得ています。その中でも特に有名なのが、2018年にインターナショナル・ワイン・チャレンジで2位を獲得した「AIRA RIDGE」です。このワインは山鹿産のブドウを使用して造られたもので、その独特の味わいと香りは、世界中のワイン通の間で絶賛されている。また、ワイナリーの他のワインである「菊比庵」も数々の賞を受賞しており、地場産業で最も注目されているワインの一つとなっています。

まとめ

菊華ワイナリーは、最高品質のワインを生産するためのワイン製造業界の献身とコミットメントを証明するものです。このワイナリーは、卓越した技術と細部へのこだわりへの情熱をもって、日本国内だけでなく海外でも高い人気を誇る、本当に優れたワインを生産しています。今度ワインを買うときは、菊華ワイナリーを忘れずにチェックしてみてください。

\ 旅の思い出を記録に残しましょう! /
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォトブック・写真集 文庫本サイズ 24ページ フォト本
価格:1,680円(税込、送料無料) (2023/12/23時点)

この記事を書いた人
家族旅行@コンシェルジュ

学生時代には、野外活動サークル(通称:野活)に所属していました。
その野活では、長期の休業中に合宿を実施し、2~3週間の旅に出ていました。
夏休みは、東北や北海道の登山を中心に、春休みは、九州・沖縄や南西諸島の探索を中心に活動をしていました。
ちなみに、冬休みは、スキーやスケートを楽しんでいました。
社会人になってからは、旅に出る余裕もなくなりましたが、今でもその当時のことを思うとなつかしく、そしてほろ苦く思います。
そんな旅先での思い出を当時の写真から振り返り、思い出に浸るとともに、現在の様子と比較し、ひと味違った旅ができるようスパイスを効かせようと思います。

家族旅行@コンシェルジュをフォローする
熊本県
家族旅行@コンシェルジュをフォローする
今昔旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました